あなたを億万長者にする「健全な思い込み」と「投資脳」の鍛え方=山田健彦

「資産1億円達成者」になるには、右脳を刺激して、潜在意識に働いてもらう訓練をする必要があります。しかし、じゃあ左脳は不要なのか、というと、そんなことはありません。(『資産1億円への道』山田健彦)

資産1億円を実現する「ロケット・エンジン」と「制御コンピュータ」とは

あなたの「思い込み」を形づくる「反復」

前回は、「資産1億円達成者」になろうと決意したなら、まず、あなたの考え方習慣の見直しをして、資産1億円を達成できる性格に変わろう、というお話をお伝えしました。

その方法の1つとして、資産形成に成功している人を観察し、「あの人ができるのなら、私にもできそう」ということに気付こうというアプローチをご紹介しました。

【関連】あなたが「資産1億円」を実現するために必要なたった1つのこと=山田健彦

【関連】真面目な日本人ほど「子どもを貧困に追い込む」ダメ親になりやすい=山田健彦

成功した人とは、成功を手に入れるための性格に、自分自身の性格を変化させた人。そして性格とは、その人の習慣から成り立っているもので、その大部分は「思い込み」によって形成されているということでした。

さて、この「思い込み」ですが、どのようにして我々の心の中にできあがるかというと、一つは「反復」です。この手法は、TVコマーシャルに多用されています。

「○○○の~ポテトチップス」で思い出すのは、カルビー。

「コクがあるのに、キレがある」や「洗練されたクリアな味、辛口」ならアサヒのスーパードライ。

「○○○のブルガリア・ヨーグルト」とくれば、明治。さらには「お値段以上○○○♪」とくれば、ニトリ。古くからあるものでは、「リンゴと蜂蜜とろーり溶けてる…」なら、ハウスのバーモントカレーですね。

これらのフレーズが繰り返し繰り返し、音楽に合わせて我々の耳に入ってきます。人は、TVコマーシャルを見るときはほとんど何も考えていません。何も考えていないときほど、メッセージがストレートに潜在意識まで入ってくるので、効果抜群なのです。

ポテトチップスが食べたいと思って買い物に行くと、無意識のうちにカルビーのものを探してしまいます。

「思い込み」ができあがるもう1つの経路

「思い込み」ができあがる、もう1つの経路は「衝撃性」です。

例えば、学校の先生に「良くできたね」と頭を100回撫でてもらうよりも、「何やってんだ~!」と一発怒鳴られるほうが、はるかに記憶に残ります。そして「自分は先生に嫌われている!」と勝手に「思い込み」ます。

駐車違反で罰金を取られたときも、その金額の大きさにびっくりして、以後、駐車違反に気をつけるようになるなど、予期し得なかった「衝撃性」は後々まで人の心に影響を与えます。

このように思い込みは、「反復性」と「衝撃性」で形成されますが、同時に新たな「反復性」と「衝撃性」を意識的に自分自身に注ぎ込むことで、今までの思い込みを書き換えることができるのです。

「資産1億円なんて、できたら良いけど自分にはできるわけがない」と思い込んでいる人でも、実際にできてしまった人に会って話をしてみると、考えが全く変わってしまったりします。

Next: 自分の「思い込み」を書き換える特効薬的方法とは?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい