お金持ちの思考の秘密!「想像力豊かなタイムトラベラー」になろう=山田健彦

自分が「資産1億円」を達成したとき、どんな生活をしているか、具体的なイメージを持っていますか?例えば住む家を考えるにしても、「東京都内に4LDKの持ち家」だけでは不十分で、お金持ち思考とは言えません。(『資産1億円への道』山田健彦)

お金持ち脳への道~具体的に、具体的に、もっと具体的に!

「資産1億円」を達成した自分は、どんな自分?

ここからは想像の世界です。

あなたはすでに「資産1億円」を達成して、次の目標は「資産2億円」と決めています。そのときのあなたは、どんな生活をしているか、具体的なイメージはありますか?

例えば、家を考えます。

  • どこに住んでいますか?
  • それは持ち家? 賃貸?
  • 部屋の構成は?
  • どのくらいの広さ?

ここで、

  • 住んでいる所は東京都内
  • 持ち家
  • 部屋の構成は4LDK
  • 広さは75平方メートル

とイメージしても、何もワクワクしません。ワクワクしないものには、右脳は反応しません。もっと具体的なイメージを沸き上がらせなければ駄目です。

【関連】あなたを億万長者にする「健全な思い込み」と「投資脳」の鍛え方=山田健彦

もっと具体的に

例えば、こんな感じです。

住んでいる所は、東京の吉祥寺の駅から徒歩10分以内で、木造一戸建ての庭付きの家。建築工法はツーバイフォーで2階建て。外壁は塗り壁で明るめのクリームイエロー。外塀はレンガ造り。

玄関のドアは、木目調の断熱仕様。玄関部分は2階までの吹き抜けで、2階の窓から光が降り注ぐ明るいイメージ。

玄関を入ると20畳のリビングで、主としてお客様を呼んでパーティをする部屋。照明はメインにシャンデリアを付けて、補助光は壁から天井全体を照らす間接照明。

壁の色は少し黄色の入った白でエンボスが施してあり、天井との境目には青みのかかったボーダーを廻して視覚的にも楽しんでもらえるもの。

床は茶系のコルクで、裸足で歩いたときの感触を楽しんでもらう。

家具は床の色と合わせた色の、アーリー・アメリカン仕様。

1Fのトイレは、洗面台や鏡も入れた高級ホテルの化粧室のイメージで、普通の家のトイレの3倍の面積。

2階は、家族のスペース。1人こもって思索や読書にふける部屋は、リラックスできるよう内装に木をふんだんに使い、照明はランタン・デザインで、言ってみれば山小屋のイメージ。

和室は、何も置かない質素な空間で8畳。お茶を点てたり一輪挿しを飾る、和の伝統を意識する場。ここに入ると畳いぐさの良い香りがして、心が落ち着く場所。寝室は――

どうでしょう。少しは、具体的なイメージが沸いてきたのではないかと思いますが、このような詳細なイメージを膨らまさないと、なかなか「ワクワク」はしてきません。「資産1億円達成者」になるには、右脳を刺激し、潜在意識に働いてもらうことが大切です。

Next: お金持ち脳への道~右脳を刺激するコツは「五感に訴える」こと!

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい