ウォーレン・バフェット氏はウォルマートを見捨てたのか?=東条雅彦

バフェットが、世界最大の小売チェーンであるウォルマートの保有株数を27%も減少させています。彼はこのままウォルマートへの投資から撤退してしまうのでしょうか?結論を先に言うと、私は「現時点で完全撤退はしない」と見ています。(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

ウォルマートへの投資から撤退するわけではない?賢人の狙いとは

バフェットの保有株数が27%も減少

バフェットの経営するバークシャー・ハサウェイは、4四半期毎に投資先企業の持ち株数を米国証券取引委員会(SEC)に報告しています。

この報告は2月、5月、8月、11月に行われて、毎回2ヵ月前の状況が明らかにされます。そのため、現時点で把握できるバークシャーの最新状況は、2016年6月末時点のものとなります。

前回の報告では、次の2点が注目されていました。

(1) アップル株の増加
981万株 → 1523万株 (55%の増加)
2016年9月2日時点の時価:14億ドル

(2) ウォルマート株の減少
5524万株 → 4023万株 (27%の減少)
2016年9月2日時点の時価:29億ドル

ロイターでは「米バークシャーがアップル株積み増し、ウォルマートは縮小」というタイトルで報じられていました。

【関連】バフェットの心変わり。なぜ賢人はIT企業への投資を決断したのか?=東条雅彦

この記事にもあるように、(1) のアップルへの投資については、ポートフォリオマネージャーのトッド・コームズ氏かテッド・ウェシュラー氏が担当しています。ウォルマートについては、ウォーレン・バフェットが担当しています。

現在のバークシャーは次のような体制になっています。

  • 大型投資の担当:ウォーレン・バフェット、チャーリー・マンガー
  • 小型投資の担当:トッド・コームズ、テッド・ウェシュラー

大型か小型の境目は現在、15億ドル付近にあって、アップルへの投資は小型投資としては最大の投資になっています。今後、さらにアップル株を買い増す場合は、バフェットの許可がないと難しいと思われます。

アップルの動向も気になるところですが、本稿では、バフェットが決断したウォルマート株の減少に焦点を当てたいと思います。

何を隠そう、バフェットはウォルマートの保有株数を去年から減らしています。

<バフェットのウォルマート保有株数推移>

2015年6月末 6,038万株

2015年9月末 5,619万株

2016年3月末 5,524万株
↓27%ダウン
2016年6月末 4,023万株

2015年9月末から保有株を減らして、2016年6月末にガクンと落としました。27%の減少幅はかなり大きいです。このまま完全撤退してしまうつもりなのでしょうか?

Next: 全業種中で売上高世界最大!ウォルマートの業績に不安はあるのか?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい