なぜ「女の敵」ドナルド・トランプは米新大統領の座をモノにできたのか?

なぜトランプ氏は米大統領選挙で逆転勝利できたのか?クリントン氏は何に敗れたのか?足元で進む株高・ドル高の意味とは?現在の米国社会の問題点を踏まえ分析してみます。(『らぽーる・マガジン』)

※本記事は、『らぽーる・マガジン』 2016年11月14日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

女性問題なんてただの飾りです。偉い人にはそれが分からんのです

「隠れトランプ」支持者

選挙戦後半によく登場していた言葉「隠れトランプ」、どうやら彼らの存在が、事前予想を大きく間違えさせたようです。

隠れ○○…表立って趣味嗜好を公言できない、あるいはファンであることを表明できない事情がある人たちの総称で、対象物があまりにもマニアックだったり、あまりにも嫌われている存在で、ファンであることを公言すれば自分の立場を悪くする時に用いられます。

日本の歴史における、隠れキリシタンと同じ意味の「隠れ」ですね。

【関連】イギリス国民を「EU離脱」に追い込んだ、欧州連合とECBの自業自得=矢口新

今回の大統領選挙戦で特徴的だったのは、バンパーステッカーを見かけなかったことだ…とは、アメリカ在住の方の話です。大統領選挙と同時に行われる上下院議会選挙の看板はたくさん見られたそうです。

では、なぜ人々は、トランプ氏支持を公言できないのでしょう。

それは、「トランプ支持者=人種差別容認」というレッテルが貼られていたからです。トランプ支持者にも、人種差別は良くないと思いながら、それ以上にその他の政策を支持している層がいるでしょう。やはり人種差別主義者と思われるのは嫌なわけです。

確かに、移民者に仕事を奪われている人たちは、移民者への感情を表に出せないまま、本心では快く思っていないところはあるのでしょうが、それを「人種差別」という言葉で括られることは、不都合極まりないのでしょう。

事前予想にも大きな影響

この「隠れトランプ」現象は、事前予想にも大きな影響を与えました。

世論調査でどちらを支持するかを調査する際、あるいは各陣営が戸別訪問をして現状を把握する際に、この「隠れトランプ」の存在が統計を狂わせたのです。

明らかにクリントン支持、トランプ氏支持を表明すれば、そのままカウントできますが、無言、あるいは取材に応じない場合は「拒否」というカテゴリーに入るそうです。ここに多くのトランプ支持者がいたようです。

また、隠れトランプ支持者は回答の際、トランプ支持と表現する変わりに「変革に投票する」と表現していたそうです。これは実にあいまいですね。

まさに「隠れトランプ」と呼ばれる支持者が事前調査を撹乱(別に意図していたわけではないでしょうが)したことが、選挙結果を決定したとも言えるのかもしれません。

ヒラリーの「誤算」

そしてもう1つ、「隠れトランプ」効果は「子ども投票」にも現れました。

アメリカでは、選挙権のない年齢の子どもたちにも模擬投票をしてもらう慣習があります。実に良いことだと思いますが、この子ども投票の結果は、そのまま本選挙の結果を表すと言われてきました。

過去70年間でこのジンクスが崩れたのは2回だけ、しかもそのうちの1回は、民主党ゴア候補と共和党ブッシュ候補との戦いで、事実上引き分けのようなものでしたから、かなりの精度があるといわれていました。

それが今回外れたのです。子ども投票では、クリントン氏圧勝の結果でした。子どもは家で親の会話を聞いているので、親がクリントン支持を話し合っていたら、その子どももクリントン氏に投票する…という流れのはずでした。

つまり、親が家で嘘をついていたか、本当はトランプ支持だと言えないでいたか、あるいは、トランプが好きだけれど現実にはきっとクリントンが勝つ、なんて会話をしていたのか?内容までは定かではありませんが、ともかく、親たちが子どもの前で語っていた言葉と実際の投票行動には、大きな差があったと言えそうです。

この「隠れトランプ」支持者の存在が、今回の選挙における事前調査の精度を狂わし、それがクリントン陣営の行動を鈍らせ、クリントン支持者の投票行動を怠慢にさせたと考えられます。

Next: ブルーカラーを舐めんな!? 女性を敵に回したトランプ圧勝の理由

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー