大事件発生を予告か?英語圏版2ちゃんねる「4chan」に不気味な投稿=高島康司

米国には「4chan」というディープな掲示板がある。最近そこに、大きな事件の発生を事前に予告するかのような情報が次々に投稿されて波紋を呼んでいる。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

あの「ラスベガス銃撃事件」も的中!? 4chanに投稿された次の事件

予告されていた惨劇

アメリカには「4chan」というディープな掲示板がある。基本的には日本の「2ch」に似たオタク系の掲示板だが、最近はここの政治板に大きな出来事の発生を事前に予告するリークのように見える情報が投稿されるようになっている。

10月1日にラスベガスで発生した銃撃事件も、そのようなリークと思われる情報が投稿された例だ。事件の3週間前の9月10日の深夜から翌日の9月11日にかけて、次のような投稿があった。

これは「ハイ・インシデント・プロジェクト」という計画だ。この計画はアメリカ国民に、警備が厳重な場所は安全ではないと思わせることが目的だ。彼らは規制法案をどんどん作りたがっている。これから数年で、金属探知機やその他のセキュリティー機器の設置を義務化する法案がどんどん成立するだろう。政治家はすでに警察がいる場所には、もっと警察が必要だというだろう。実際に明日、なにか起こるかどうか分からないないが、彼らはラスベガスを狙っている。

このように警告し、当面はラスベガスには行かないように注意していた。

これが事件の3週間前に行われたことは、掲示板のスレッドに記された日時から分かる。だが、これが本当にラスベガスの銃撃事件の予告だったのかどうか、見方が分かれるところではある。しかし、情報が具体的なので、やはりこれはラスベガス銃撃事件の裏を伝えているのではないかという意見が多く、注目されている。

暗号めいた膨大な投稿

ところで、10月31日から11月6日にかけて、やはり4chanの政治板に不気味な投稿が連続してあった。投稿者は匿名だが、「Q クリアランス」があるとしている。「Q クリアランス」とは、米エネルギー庁から与えられる国家の最高機密に対するアクセス権限のことである。これは国防省が与える「トップシークレット・クリアランス」と同水準の権限である。これを持つものは、国家の安全保障にかかわる最高機密にアクセスが許される。

これを持つとされる謎の人物の投稿だが、11月6日の分まででA4で48ページにもなる膨大な量だ。それは情報を直接伝えるものではなく、「なぜ~だろう?」と質問形式になっており、それらの質問をひとつひとつリサーチすると、いまアメリカや諸外国の水面下で起こっている大変な事態がはっきりと見えてくるというようになっている。投稿は以下のサイトで見ることができる。凄まじい量だが、ぜひ見てほしい。

掲示板保存版(11月6日投稿分まで)
画像保存版(11月5日投稿分まで)

この投稿に対しては、ネットで出回っている膨大な情報をあたかも裏の事情を知っているかのような体裁で投稿しているだけで、さして大きな意味はないという見方から、これは「Q クリアランス」を持つものにしかわからない裏の情報が多いので、明らかに内部からのリークではないのかとする見方もある。いま、後者の立場に立って、徹底したリサーチを開始するものも出ている。

Next: トランプ政権の水面下で進行する事態とは?驚くべきリークの数々

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー