米国の債務残高「20兆ドル」を100ドル紙幣で並べてみた ⇒ もはや意味不明!?

100万円の札束を見た事があるだろうか?1000万円の現金を想像できるだろうか?1億円の入ったケースを見たことがあるだろうか??

この辺りまではだいたいどんなものか予想がつくだろう。

では20兆ドルを、しかも100ドル紙幣で現金化したらどうなるのか??

全くスケールの想像がつかない。

その気になる結果がこちらだ。

まずは100ドル紙幣から、1万ドル、100万ドル、そして1億ドルになると洗濯機の体積をも越してしまうような量に。

20億ドルにもなるとそれが20個。大きなトレーラーの荷台いっぱいの量だ。

そして1兆ドルとなると、それがアメフトのコート何面分かに相当する面積に敷き詰めてもおさまらない量に。

この時点でもうわけがわからない…

そしてその20倍、20兆ドルとなると…

出典:YouTube(Demonocracyinfo)

自由の女神像より遥かに高い高層ビル群をも形成できてしまう…

もう一度言う。これらは全て100ドル紙幣を積み上げてできたものだ。

ちなみに20兆ドルというのは、2017年現在のアメリカの債務の金額らしい。恐ろしや。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Demonocracyinfo)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー