本業はどうよ? 米アマゾンのEコマース事業が凄いことになっていた件=シバタナオキ

Amazonの本業「EC事業」について解説します。スマートスピーカー開発やクラウド事業など多角化が進んでいますが、本業はどのような位置付けなのでしょうか。(『決算が読めるようになるノート』シバタナオキ)

※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2017年12月12日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:シバタ ナオキ
SearchMan共同創業者。東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 博士課程修了(工学博士)。元・楽天株式会社執行役員(当時最年少)、元・東京大学工学系研究科助教、元・スタンフォード大学客員研究員。

完全なる「1人勝ち」状態。Amazonの本業はやっぱり凄かった

Amazonの本業「eコマース」

今回はAmazonの本業であるeコマース(EC)の話を書いてみたいと思います。

Amazonといえば、クラウド市場を開拓したり、最近ではスマートスピーカーという新しい市場を開拓したりという具合に、新しい発明を次々と行なっていく企業というイメージがありますが、本業のEC事業は一体、現在どのような位置付けになっているのでしょうか。

アメリカの小売市場とEC市場の規模感と市場成長率

初めに、アメリカの小売全体とECの、それぞれの市場規模感と市場成長率を見てみたいと思います。

171214amazon_1

2017年第3四半期の3ヶ月間での数字ですが、小売全体では$1.269T(約126兆9,000億円)という市場規模です。前年同期比で見ると+4%で成長しているのがアメリカの小売市場になります。

一方でアメリカのECを見てみると、同じく3ヶ月間の数字で$107B(約10兆7,000億円)という市場規模があり、年間成長率は+15.5%となっています。

ECが小売全体に占める割合、EC化率を見てみると約8.4%となっていますが、上の数字を見ればわかる通り、ECの方が成長スピードが圧倒的に早く、小売の市場へECが侵食していっているというのが現状です。

Amazonの決算概要

次にAmazonの2017年7月~9月期の四半期の決算の概要を見てみたいと思います。

171214amazon_2

北米のEC事業だけを見ることにしますが、四半期あたりのネット売上が$25B(約2兆5,000億円)を超えました。そして前年同期は+35%と、異常に早いペースで成長しています。

また年間に換算すると、過去12か月間でネット売上が$95B(約9兆5,000億円)に到達しているという、恐ろしい規模感で成長を続けています。

AmazonのアメリカでのEC市場シェア

ただし、上で掲載したAmazonのネット売上というのは、Amazonに出品している出店店舗などのサードパーティの売上が100%計上されていません。つまりAmazonの直販でない部分に関しては、取扱高でない数字が混ざっているという意味です。

Amazonのアメリカにおける取扱高がどの程度になるのか、推測した記事を見てみたいと思います。

Web leader Amazon.com Inc. (No. 1) also had a monster Q3, as it reported North American net sales of $25.45 billion in the period ended Sept. 30, up 34.9% from $18.87 billion a year ago. Amazon does not publicly report total sales on its marketplace, including items sold by other merchants, but Internet Retailer estimates U.S. consumers purchased $44.49 billion on Amazon’s sites, up 28.8% from $34.55 billion.

これによると、同四半期におけるAmazonのアメリカにおける取扱高の合計は$44B(約4449億円)を超えており、YoY+28.8%で成長しているという推計がなされています。

上で記載したアメリカのEC全体の市場規模を踏まえると、AmazonはアメリカのECにおいて、41.6%ものマーケットシェアを誇っていることになります。

たった1社で40%を超えるマーケットシェアを誇っているというのは、対象となるマーケットがECという非常に巨大なマーケットであることを考えればとても凄いことですし、逆に恐ろしいレベルであるとも言えるでしょう。

Next: 大きすぎるAmazonの影響力。EC市場における驚くべき事実とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー