新入社員も対象。なぜエプコ創業者は全従業員に持ち株を贈与するのか?=藤本誠之

日経新聞(1/17付)より、エプコ<2311>が非正規雇用を含むすべての従業員を対象に、創業者の持ち株「1億円分」を無償で贈与するとの記事に注目です。(『相場の福の神 ニュースを半歩先読み』藤本誠之)

全従業員のモチベーションと業績・株価を押し上げるすごい施策

創業者の保有株「1億円分」を全従業員に無償譲渡

日本経済新聞(1月17日付)朝刊より、投資情報17面の記事「創業者持ち株1億円分 全従業員に贈与」に注目です。

住宅設備の設計を手掛けるエプコ<2311>は、全従業員を対象に創業者である岩崎辰之最高経営責任者の保有株の一部を無償で贈与するとの記事です。

贈与される株式は、発行済み株式の0.6%、金額にして時価で1億円分に相当。非正規雇用も含めて、全従業員に100株を贈与するとのことです。今年の新入社員も対象となり、非正規雇用を含むすべての従業員のモチベーションが大きく上昇すると思われます。これは素晴らしい施策だと思います。

エプコ<2311> 1,912円(2018年1月17日終値)

エプコ<2311>日足(SBI証券提供)

エプコ<2311>日足(SBI証券提供)

従業員のモチベーションが上がれば、業績向上につながります。そうすると、株価上昇にもつながるので、創業者の保有株の評価額も増える可能性があります。四半期決算ごとに、自社で個人投資家向け株主説明会を実施するなど、IR(投資家向け広報)に積極的なエプコの次の仕掛けにも期待できそうです。
※参考:福の神の取材日記~あの企業の核心に迫る 紹介銘柄(2017年11月20日配信)

注目銘柄:桧家ホールディングス<1413> 2,729円(2018年1月17日終値)

桧家ホールディングス<1413> 日足(SBI証券提供)

桧家ホールディングス<1413> 日足(SBI証券提供)

【関連】日本を襲う新たな貧困「ブロックチェーン格差」の自己責任を乗り越えろ=鈴木傾城

【関連】【新春展望】2018年金融市場は「ビットコイン」と「日銀」が波乱要因に=近藤駿介

【関連】間もなく確定する2018年上値。日経平均はもう「最終局面」に入っている=伊藤智洋

相場の福の神 ニュースを半歩先読み』(2018年1月17日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

相場の福の神 ニュースを半歩先読み

[無料 ほぼ 平日刊]
まいど、相場の福の神こと、藤本 誠之です。原則毎営業日、その日の日本経済新聞のニュースから個別銘柄をご紹介いたします。SBI証券投資調査部 シニアマーケットアナリスト ITストラテジスト オールアバウト株式ガイド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー