日経平均「春のアノマリー」に期待感、1月に前年高値を更新した年は…=櫻井英明

大和のレポート「日経平均が1月に前年高値を更新した年は、まず4月頃の高値に期待」が興味深い。今年1月の日経平均高値19594円だが、このアノマリーは的中するだろうか?(『「兜町カタリスト」』櫻井英明)

「兜町カタリスト」月曜後場 2017年3月13日号より



必要なのは小手先ではなく王道



東京株式は売り優勢のマイナススタートから小幅続伸。ドル円の115円台→114円台は少しだけ見えたフリで通過。2日連続の昨年来高値更新となってきた。日経ジャスダック平均は22日続伸が微妙なところ。

興味深いのは市場関係者のコメント。「課題はFOMCの利上げ。『年内4回の利上げ』を匂わせるのか『あとは年末』と言うのか。あるいは『次の利上げも近い将来』と言うのか。これで展開が大きく違うのではないか」。

いずれにしても利上げトレンドは変わらず、時間軸が違うだけ。その時間軸で相場は多少左右されるかも知れないが、結果は一緒だろう。トレンド変化ならば重大だろうが、技術的な問題にしか過ぎない。しかしそれしか材料がなければ大きく話題にする傾向。このレトリックに術に嵌ってはいけないだろう。必要なのは、小手先ではなく王道だ。



4月に日経平均21416円も?注目のアノマリー


大和のレポートは「日経平均が1月に前年高値を更新した年は、まず4月頃の高値に期待」。面白いアノマリーである。

日経平均が1月中に前年の高値を更新した場合。1980年以降ではその年の4月頃にかけて1月の高値を一段と更新する動きとなっている。少なくとも1年以内の高値を更新したことで上値の需給が軽くなる。そして株式市場の季節性が良いタイミングを迎える。だから株価が上値を追う動きが強まったと考えられる。

このような年の4月高値については、1月高値に対する上昇率が平均で+9.3%。特に大きく上昇した3回(2013年、1987年、1986年)を除いて計算しても平均で+5.5%。

これを今年に当てはめると…。1月の日経平均高値19594円(1月4日終値ベース)に対して、20671円(プラス5.5%)~21416円(プラス9.3%)程度の高値が4月頃に期待できる。


英国EU離脱の3シナリオ



日経ヴェリタスは、英国のEU離脱シナリオについて。

シナリオ(1):可能性75%


何らかの合意、内容は見えず。英国とEUは交渉期限の2019年3月までに、離脱の条件や新しい貿易協定、離脱までの経過措置などで合意すること目指す。双方とも経済に甚大な影響が及ぶ交渉決裂は避けたいのが本音。何らかの合意に至るのがメーンシナリオ。どのような内容になるかは見えない。

シナリオ(2)可能性15%


交渉が決裂、英企業に打撃。「バッドディールを結ぶくらいなら、ノーディールがまし」。メイ首相はEU離脱の交渉に背水の陣で臨む考え。英国側は交渉決裂のシナリオちらつかせEUの譲歩引き出す構えも、脅迫的ともいえる姿勢にEUでは反発多く。交渉過程で信頼崩れれば「ノーディール(交渉決裂)」が現実味帯びる。

シナリオ(3)可能性10% 期限を延期、「再投票」も?


2年の交渉期間は短すぎると「交渉期限の延長」もありうる。交渉期限の延長には残留する27カ国すべての承認必要。現状ではほとんど可能性はないが、交渉が行き詰まれば、英国民投票のやり直しという選択肢も浮上しそう。


【関連】今年こそ暴落がやってくる? ストックマン元議員の「3月15日危機」警告


【関連】【展望】注目イベント多数で警戒ムードも、市場は徐々に明るさを取り戻そう=馬渕治好


【関連】大胆な金融緩和に「ブレーキ」をかけ始めたドラギECB。日本はどうだ?=久保田博幸




「兜町カタリスト」』(2017年3月13日号)より一部抜粋

※太字はMONEY VOICE編集部による




無料メルマガ好評配信中


「兜町カタリスト」


[無料 平日刊]

個人投資家のみならず、マーケットのプロからも注目を集めてきたメルマガ櫻井英明責任編集「兜町カタリスト」。前場・後場の1日2回無料配信。マーケットのど真ん中からとっておきの情報を発信します。カタリストとは英語で「触媒」のこと。マーケットの動きを的確に知る触媒として、新たな情報ソースとして、ぜひご活用ください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい