fbpx

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、株高一服で下押しも週末控えドル買戻し

マネーボイス 必読の記事



22日の欧米外為市場では、底堅い値動きを予想する。米バイデン政権の政策期待を背景とした株高は一服し、リスク選好ムードは弱まる見通し。ただ、週末を控え安全通貨買いが見込まれ、ドルは下げづらい値動きとなりそうだ。

欧州中銀(ECB)は前日の理事会で現行の緩和的な金融政策維持を決定した。ラガルド総裁は記者会見で域内のインフレに関し比較的楽観的な見通しを示したほか、ユーロ高について強いけん制がみられなかったことからユーロ買いに振れた。本日アジア市場もその流れが受け継がれ、欧州通貨買いは継続。ただ、資源国通貨は調整の売りで失速し、リスク選好ムードは前日よりも弱まった。バイデン新大統領による政策期待による株高は一服し、日経平均株価をはじめアジア株安で前日までの円売りも後退している。

この後の海外市場では欧米の経済指標や株価が手がかりとなろう。夕方以降に発表されるユーロ圏や主要国のPMIは低調な内容と予想されており、欧州通貨は売りに転じる見通し。その際には欧州株安となり、ドルや円が買われ主要通貨を下押しよう。一方、米経済指標は前日の新規失業保険申請件数などが改善したものの、今晩のPMIは大都市の制限措置を反映し悪化が見込まれる。米国株は過去最高値圏に浮上していることもあり、週末を控え調整が出やすい。安全通貨の買戻しを受け、ドルは下げづらい展開となりそうだ。

【今日の欧米市場の予定】
・17:30 独・1月製造業PMI速報値(予想:57.2、12月:58.3)
・17:30 独・1月サービス業PMI速報値(予想:45.0、12月:47.0)
・18:00 ユーロ圏・1月製造業PMI速報値(予想:54.4、12月:55.2)
・18:00 ユーロ圏・1月サービス業PMI速報値(予想:44.5、12月:46.4)
・18:00 欧州中央銀行(ECB)専門家予測調査
・18:30 英・1月製造業PMI速報値(予想:53.6、12月:57.5)
・18:30 英・1月サービス業PMI速報値(予想:45.0、12月:49.4)
・22:30 カナダ・11月小売売上高(前月比予想:0.0%、10月:+0.4%)
・23:45 米・1月製造業PMI速報値(予想:56.5、12月:57.1)
・23:45 米・1月サービス業PMI速報値(予想:53.4、12月:54.8)
・24:00 米・12月中古住宅販売件数(予想:655万件、11月:669万件)



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー