fbpx

事実、コロナ禍で貯蓄は増えている。新常態が変えたお金の意識=川畑明美

観光業や飲食業を中心に、日本経済に大打撃を与えている新型コロナウイルス。その一方で、実は「貯蓄が増えた」という人も多く存在することがわかりました。その理由とは?(『教育貧困にならないために』川畑明美)

【関連】元国税が教える「2021年版 節税の裏ワザ」税金還付は最強の財テクだ=大村大次郎

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

「お金の使い道がなかった」

「コロナの影響で、収入が減った」。そういう声もよく聞きますが、意外にも「貯蓄が増えた」という方もいるのです。

日本生命が契約者を対象に行った「コロナ禍で変化したこと」に関するアンケート調査によると、「コロナ禍をきっかけに、新しく始めたこと、または量や頻度が増えたものはありますか?」という問いに対して、回答の第9位が「貯蓄」でした。
※参考:ニッセイ インターネットアンケート「コロナ禍で変化したこと」について(PDFファイル)

貯蓄が増えた理由を聞くと、1位は「お金の使い道がなかったため」で、若い20代で56.3%と割合が多いのが特徴です。2位は「将来の不安から意識的に支出を抑えたため」となり、50代が50%と最も多く、続いて30代が48.3%と続いています。

そして、驚くべきことは「収入が増えたため」と回答した方が、全体の3.1%ですが存在するのです。

コロナ禍で逆風を受けた飲食店などのマスコミの報道は多いですが、コロナ禍で儲けた業界もあるのです。

視点を変えて考えることが大事

メディアの報道は基本的にネガティブ傾向で流れます。その方が視聴率が上がるからです。

ニュースやアンケート調査を見る時も、ちょっとした視点の違いで受け止め方も変わるのです。

例えば、コップの水が半分入っているのを見て「半分しか残っていない」と考えるのと、「まだ半分も残っている」と考えるのでは印象が大きく変わります。

前述の日本生命のアンケートも、外出を控えているので「使い道」がない。ということは、今までレジャーにお金をかけていたということです。レジャーを控えた分のお金をコツコツ貯めて、さらに投資で増やせばもっとお金を増やせるのです。

つまり、緊急事態宣言はお金を貯めるチャンスであり、そういう時に投資や家計管理を学べばコロナ禍が明けた後も豊かに暮らせるということなんです。

【関連】「もう風俗で働くしかないのか」元AV女優の貧困シングルマザーに私が伝えたこと=午堂登紀雄

【関連】夫の収入「知らない」が37.9%。夫婦間の“所得隠し”は老後破産・熟年離婚の元凶になる=川畑明美

【関連】日本は「時代遅れ」で滅ぶ。高齢者の半数がネット使えず、少子高齢化で衰退へ=鈴木傾城

image by:Aon Khanisorn / Shutterstock.com

教育貧困にならないために』(2021年1月25日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー