fbpx

今後の相場を決めるペラ1枚「名目GDP600兆円に向けた成長戦略」の中身=櫻井英明

政府の産業競争力会議が「成長戦略」の概略を発表した。「ロボット・ITでの第4次産業革命を軸にGDP600兆円を目指す」という方向。具体論と市場の反応が待たれる。昨日のマザーズ指数の7.5%高で5日続伸はこの先取りだろうか。(『「兜町カタリスト」』櫻井英明)

第4次産業革命で2020年に30兆円創出

産業競争力会議で出された「相場シナリオのバイブル」

産業競争力会議が昨日開催され、「GDP600兆円に向けた成長戦略(案)」が出た。たった1枚の紙だが、今後の相場シナリオのバイブルみたいなもの。多くの投資シナリオはこれに基づいて作成されることが多い。でも原典を見る人はほとんどいないから不思議なもの。※名目GDP600兆円に向けた成長戦略(次期「日本再興戦略」)【案】[PDF]

キーワードを拾ってみると…。

新たな有望市場の創出

(1)第4次産業革命(2020年に30兆円創出)
《Iot・ビッグデータ・AI・ロボット》
自動走行、即時オーダーメイド生産、スマート工場、Fintech、ドローン、データ活用プラットフォーム、シェアリングエコノミー、サイバーセキュリティ

(2)世界最先端の健康立国へ(2011年16兆円→2020年26兆円)
保険外サービス促進、IoT活用による医療診断、電子カルテ、ロボット・センサー活用での介護

(3)環境エネルギー制約の克服と投資拡大(2014年度18兆円→2030年度28兆円)
省エネ、再生エネ、節電量市場の創設(2017年)、資源安全保障の強化、燃料電池車普及と水素社会の実現(2017年)

(4)スポーツの成長産業化(2015年5.5兆円→2015年15兆円)
施設の多機能化、スポーツとIT・健康・観光・ファション等との融合と拡大

(5)既存住宅流通・リフォーム市場の活性化(2013年11兆円→2015年20兆円)
資産価値を評価する流通・金融等の仕組み構築、インスペクション・瑕疵保険普及

Next: ローカルアベノミクスの深化/観光立国へ、2020年オリンピックを見える化

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい