fbpx

昨春の相場暴落から1年、フラッシュクラッシュ再来はあるか? 発生の仕組みと対策=今市太郎

いつ起こっても不思議ではない

ご紹介したフラッシュクラッシュは幸か不幸か、私は生でチャートの前でその光景を見ることになりましたが、ポジションをもっていて利益が出たのは2019年の正月だけで、あとの2回はまさに指をくわえてなすすべもなくチャートを眺めることとなりました。

こうしたフラッシュクラッシュでは、よほどポジションに近いところにストップロスを入れておきませんと、結局、スプレッドが大幅に広がってまともに損切ができなくなることがほとんどとなります。

とくに国内でディーリングデスクを置いて顧客と反対売買することや顧客の損失こそが利益となっているビジネスをしている業者は、作為的にスプレッドを1円~2円単位で広げてきますから、強制ロスカットにさえ引っかからない場合も続出します。

今回あえてご紹介しているフラッシュクラッシュは、別に近々に同じことが起きるという注意喚起ではありません。

あくまで昨年から1年経過しているので、あえてまた意識しておかれることがいいのではという意味ですから、3月に同様のことが起きると示唆しているわけではありません。

ただ、絶対に起きないとも言えないのもまた事実で、常に心のどこかで意識しておかなくてはならないものと言えます。

とくにストップロスをどういれて安全対策をするかは、非常に重要な問題です。この機会に、再度自己点検をされておくことをお勧めします。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】竹中平蔵氏のドケチベーシックインカム月7万、コレじゃない感の危険な正体=今市太郎

【関連】テレビが報じぬフィンセン文書と「東京五輪ワイロ」菅政権は説明責任果たせ=今市太郎

【関連】JT減配で株価急落も心配無用。たばこオワコン化でも経営安泰の理由=栫井駿介

<初月無料購読ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

※2021年3月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年3月配信分
  • 3月5日ロンドンタイムショートコメント(3/5)
  • 昨春相場暴落から1年~改めてフラッシュクラッシュの仕組みを考える(3/5)
  • 3月4日ロンドンタイムショートコメント(3/4)
  • ヒンデンブルグオーメン14か月ぶり点灯に市場がざわめく理由とは(3/4)
  • 3月3日ロンドンタイムショートコメント(3/3)
  • レイダリオが見立てる足元相場のバブル度(3/3)
  • 3月2日ロンドンタイムショートコメント(3/2)
  • 10年ものJGBの金利は既に日銀のYCC開始前のレベルに上がっている(3/2)
  • 3月1日ロンドンタイムショートコメント(3/1)
  • 3月第一週相場分析(3/1)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2021年3月5日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】血税73億円垂れ流し「五輪観客用アプリ」なぜ開催中止を想定せず?菅内閣は国民を完全に舐めている=原彰宏

【関連】近づく「イーロン・マスクバブル」崩壊。日本株も仮想通貨も道連れに=今市太郎

【関連】女を追い込むフェミ。男女平等を叫びシングルマザーを困窮させた女性解放論者どもの罪=鈴木傾城

image by:Tom Wang / Shutterstock.com
1 2 3

今市太郎の戦略的FX投資』(2021年3月5日号)より抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー