fbpx

Defiプロジェクト「BarnBridge」【フィスコ・暗号資産コラム】

マネーボイス 必読の記事



BarnBridgeは様々なリスクプロファイルに合わせた債券トークンを提供するデリバティブプロトコルで、固定利付債やCDOを模したトークン商品などを開発している。BarnBridgeのTVLは3.4億ドル(3月8日時点)で、流動性マイニング目的でBarnBridgeにロックされているBONDやステーブルコインが、現在のTVLを支えている。

BarnBridgeのサービスは、未だローンチされていないが、Smart Yield BondsとSmart Alpha Bondsの二つに大別される。Smart Yield Bondsは、優先劣後構造を持った複数種の債券トークン(Bonds)を提供し、集めた資金をDeFiレンディングに貸し出して利回りを稼ぐ。各Bondsによって受け取るリターンは異なることから、Smart Yield BondsはCDOに類似している。一方、Smart Alpha Bondsは、あるトークンの価格リターンに対して、異なるリスクやリターンを持ったBondsを提供する。例えば、プールにSafe BondとRisky Bondの2パターンのBondsが提供されている場合、リターンが限定的になるものの、Safe Bondの買い手は一定程度のリスクをRisky Bondの買い手に押し付けることができる。

BarnBridgeは、BarnBridge DAOのガバナンストークンとなるBONDトークンを発行している。BarnBridgeのサービスにおけるユーティリティはないが、AaveのAAVEトークンのように、ステークされているBONDはシステムの担保危機の際に保険金として利用される見込みである。BONDは70%がコミュニティに配布されており、いわゆるフェアローンチに近い形で分配されている。プロダクトがローンチされていない状態で、トークン配布とDAO移行が進められている珍しいプロジェクトである。

BarnBridgeの競合としては、同じトランシェモデルで債券を提供する「Saffron Finance」が挙げられる。固定金利プロトコルという括りでは、他にも競合するモデルは少なくない。BarnBridgeのSmart Yield Bondsは、リーマンショックの主要因の一つであったCDOと似ているが、現在のDeFiローンは担保が必須であり、リスクが限定的な債権トークンしか出回っておらず、信用不安の連鎖を起こすとは考えづらい。AaveのCredit Deligationなどで無担保ローンの開発は進められており、今後それらの債権を担保にしたCDO的トークンも出てこよう。

出所:Coin Market Cap
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー