fbpx

日経平均は小幅に3日続伸、方向感乏しく一進一退

マネーボイス 必読の記事



日経平均は小幅に3日続伸。16日の米国市場でNYダウは3日続伸し、164ドル高となった。新型コロナウイルスワクチンの普及や予想を上回る経済指標が好感され、連日で過去最高値を更新。一方、東京市場では日米両首脳の声明を受けた中国との関係悪化、それに国内での新型コロナ感染拡大への懸念も根強く、週明けの日経平均は4円高からスタートすると方向感に乏しい展開となった。朝方に一時29530.84円(前週末比152.53円安)まで下落すると、後場には一転29808.01円(同124.64円高)まで上昇する場面があった

大引けの日経平均は前週末比2.00円高の29685.37円となった。東証1部の売買高は9億1823万株、売買代金は2兆0601億円だった。業種別では、海運業、金属製品、ゴム製品が上昇率上位だった。一方、空運業、陸運業、不動産業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の46%、対して値下がり銘柄は50%となった。

個別では、東エレク<8035>が堅調だったほか、レーザーテック<6920>やルネサス<6723>が4%超、SUMCO<3436>が5%超の上昇。SUMCOが新工場建設を検討していると報じられ、世界的な半導体不足が意識されたようだ。ルネサスは那珂工場が生産再開したと伝わっている。また、13日上場の紀文食品<2933>が連日の大幅高で東証1部上昇率トップとなり、前期業績の修正や増配が好感されたイワキポンプ<6237>はストップ高を付けた。一方、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ソニーG<6758>はさえない。英ファンドの買収提案を当面保留すると伝わった東芝<6502>は4%超下落し、前週末に一部報道を受けて賑わったスクエニHD<9684>も会社側の否定コメントを受けて売りが先行。また、前期業績を下方修正したIRJ−HD<6035>などが東証1部下落率上位に顔を出した。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー