fbpx

東京為替:ドル・円は小じっかり、日本株高で円売りも

マネーボイス 必読の記事




6日午前の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、109円前半で小幅に値を上げた。大型連休明けの東京株式市場では日経平均株価が500円超高と強含み、リスク選好の円売りが主要通貨を押し上げた。ただ、中国株は軟調地合いのため、一段の円売りを抑制したようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円が109円17銭から109円38銭、ユーロ・円は1
31円07銭から131円31銭、ユーロ・ドルは1.1999ドルから1.2010ドル。

【要人発言】
・日銀金融政策決定会合議事要旨(3月18-19日分)
「昨年後半はプラス成長が続いたが、秋以降の感染再拡大を背景とした対面型サービスの下押し圧力で今年1-3月期はいったんマイナス成長の可能性」(何人かの委員)
「インフレの基調的な動きを示す指標が一段と低下している点には留意が必要(1人の委員)



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー