fbpx

アシックス、いすゞ自、木村化工など

マネーボイス 必読の記事



<6378> 木村化工 870 +140
大幅反発。前日に21年3月期の決算を発表、営業利益は19億円で前期比8.5%増益となった。直近で大幅な上方修正を発表済みであり、実績値に関してはサプライズなし。一方、22年3月期は19.2億円で同1.1%増益の見通し。前期上振れの反動減などガイダンスへの警戒感も強まっていたとみられ、買い安心感が強まる状況にもなっているもよう。水素関連銘柄として、先行きの業容拡大期待も根強いもようだ。

<6417> SANKYO 2605 -256
大幅続落。前日に21年3月期決算を発表、営業利益は65.9億円で前期比47.5%減益、2月26日の下方修正値60億円をやや上回った。22年3月期は89億円で同35.1%増益に転じる見通し。販売タイトルの増加などによる効果を見込んでいる。ただ、今期はV字型の回復が期待されていたため、想定よりも回復は緩慢との見方が優勢に。年間配当金は前期比50円減の100円としており、上場来初の減配も計画する。

<6952> カシオ計 1763 -114
大幅続落。前日に21年3月期決算を発表、営業利益は154億円で前期比47.1%減となり、コンセンサスを15億円程度下回る着地になった。また、22年3月期は265億円で同72.4%増益を見込むが、市場予想は50億円近く下回る。戦略投資の投下などを想定しているもようで、「攻め」への転換を評価する声もあるが、前期実績・今期見通しともにコンセンサスを下振れていることをマイナス視する動きが先行。

<3923> ラクス 2035 +235
大幅反発。前日に21年3月期決算を発表、先の修正値通りに営業利益は39億円で前期比3.3倍となった。一方、22年3月期上半期は4.5億円で前年同期比73.8%減と大幅減益を見通す。ただ、もともと積極的な費用投下が示されており、足元では警戒感が高まっていたことから、ネガティブに捉える動きは限定的。年間配当金の増配を示していること、高い中計目標を掲げていることなどをポジティブ視する動きが優勢に。

<7013> IHI 2328 +188
大幅反発。前日に21年3月期決算を発表、営業利益は280億円となり、先の上方修正値270億円をやや上回った。22年3月期計画は700億円で同2.5倍の見通し。産業システム・汎用機械セグメントの収益拡大、航空・宇宙・防衛セグメントの赤字幅縮小などを見込む。固定資産売却益などの計上も想定しているが、積極的な資産リストラとしてポジティブ視。航空機分野の回復遅れが懸念された中、安心感が強まる形に。

<7731> ニコン 1068 +77
大幅反発。前日に21年3月期の決算を発表、営業損益は562億円の赤字となり、先の上方修正水準での着地となっている。構造改革や減損などの一時的費用を除けば、ほぼ収支均衡水準であったようだ。一方、22年3月期は200億円の黒字に転換する見通しで、ほぼ市場想定線とみられる。一時的費用の減少もあり、全セグメントの改善・黒字化を見込んでいる。本日は半導体関連株が総じて反発に転じていることも支援材料に。

<6709> 明星電 902 +150
ストップ高比例配分。IHIが株式交換で完全子会社化すると発表している。株式交換比率は1:0.42とされており、前日のIHIの終値をベースとすると、理論株価は899円程度になる。前日終値に対するプレミアムは19.5%となっている。さらに、IHIは好決算発表で本日急伸しており、同社も交換比率にサヤ寄せを目指す動きとなる形に。なお、同社株は7月29日付で上場廃止となる。

<3925> Dスタンダード 4080 +700
ストップ高比例配分。前日に21年3月期決算を発表、営業利益は11.1億円で前期比0.7%増、従来計画の12.5億円は下回ったが、第3四半期累計2ケタ減益から増益転換を果たす。22年3月期は16億円で同44.3%増と大幅増を見込み、年間配当金も前期比15円増配となる70円を計画する。足元は先行き懸念から株価の下落ピッチが速まっていただけに、大幅増益・増配見通しを受けて買い安心感が一気に高まった。

<7202> いすゞ自 1302 +232
大幅反発。前日に21年3月期の決算を発表、営業利益は957億円で前期比31.9%減益、ほぼ想定通りの着地になっている。一方、22年3月期は1700億円で同77.6%増と大幅増益見通し。市場コンセンサスを300億円程度上振れている。また、新規中期計画を発表、26年3月期営業利益3000億円を目標としているほか、配当性向40%や機動的な自社株買い実施などの株主還元策拡充を示している。

<7936> アシックス 2178 +400
ストップ高。前日に第1四半期の決算を発表、営業損益は146億円の黒字となり、前年同期9億円の赤字から急回復、50億円程度の黒字だった市場コンセンサスも大幅に上回っている。海外の販売拡大が好調に推移、米国の営業利益も黒字転換を果たしているもよう。通期予想は70-100億円のレンジから115-135億円のレンジに上方修正。想定以上のペースでの収益回復にポジティブなサプライズが先行。




いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー