fbpx

パウエルFRB議長は「テーパリングの実施時期」を声明文で明示している。豪中銀と裏で連携?=角野實

物価指標を注視するしかない

まず、物価上昇が9月まで続いた場合、そして、物価上昇が大幅になった場合には、テーパリングは9月を前倒しして実施される可能性があり、ここは日々の物価指標を注視するほかありません。

景況感指数、つまりISMやNYやフィリーなどの景況感指数の中に含まれる物価指数は、高騰しており、このまま9月まで待っているような状況ではないよね、と個人的には感じます。

でも、FRBはFOMCにて動かないことを表明しているのですから、今後も物価指標を見るほかありません。

とりあえず、ISMの価格指標や、雇用統計の労働賃金などで、期待インフレ率を精査していくほかありません。もちろん、PCEやCPIなどもそうです。具体的にはPPIの鈍化などが先行指標になるでしょう。

言いたいことは、物価の上昇というのは喫緊の課題であり、いつ物価が吹っ飛んでもおかしくない状況にあるということです。

続きはご購読ください。初月無料です

マーケット展望

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

※2021年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年7月配信分
  • FOMC解説(7/29)
  • ユーロは緩和量を増やすであろう(7/28)
  • 中国の教育投資規制は深刻な問題になる可能性がある(7/27)
  • より詳細に分析をしていく(7/26)
  • 科学的にマーケットを考える、為替も株も、基本のおさらい(7/25)
  • 短期・中期・長期にわけて戦略を考える(7/23)
  • 感覚で売買をやってはいけない(7/22)
  • 金融緩和とドル(7/21)
  • これからどうなるの?(7/20)
  • この夏、オリンピック開催前に日経平均株価が下がった理由(7/19)
  • 基本のおさらい(7/19)
  • オリンピックとマーケット(7/16)
  • 売り方と買い方の主張を検討する(7/15)
  • 消費者物価を受けてのマーケットの動きの解説(7/14)
  • 米中対立と今日のマーケット、正直、難しい・・・(7/13)
  • 状況は何も変わらない(7/12)
  • さらに証拠を増やしていく(7/9)
  • 7月8日の急落はなぜ起こったのか?(7/8)
  • 7月8日の急落はなぜ起こったのか?(7/8)
  • アメリカが輝きを取り戻すためには?(7/8)
  • ISM非製造業での因果関係 なんとなくトレードはするものじゃない!(7/7)
  • 不思議な為替理論(7/6)
  • 雇用統計はなぜ悪いのか?(7/5)
  • 経済統計とマーケット(7/2)
  • 金利の話をすこしだけ(7/1)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『角野實のファンダメンタルズのススメ』2021年7月29日号の一部抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込990円)。

2021年6月配信分
  • ドル円の計算式はドル÷円であることを証明する(6/30)
  • 続々と集まる「ドル高」の証拠(6/29)
  • ドル円は動かないはずなのになぜ円安気味なのか?(6/28)
  • 今のインフレ懸念と5月のインフレ懸念は違う(6/27)
  • 本当に上昇するのか、下落するのか?(6/25)
  • 次は何のニュースに注目するべきか?(6/24)
  • どこをチェックすればいいのか?(6/23)
  • ラガルドECB総裁会見の意味(6/22)
  • インフレ懸念の長期化とはどういうことなのかを考える(6/21)
  • 6/18の急落を受けて、次の展開を考える(6/20)
  • 相対的なドル高というのはどういうことか?(6/18)
  • 冷静に考える必要のあるFOMC(6/17)
  • どうやってドル高を示現するのか?(6/16)
  • 株価は本当にあがるのか?(6/15)
  • 金融緩和の賞味期限は1年(6/14)
  • ワクチン接種で景気がよくなる? よくもまぁそんなウソつけるよね(6/13)
  • 物価はあがれど・・・(6/11)
  • 世間の雰囲気にもっと敏感になろう(6/10)
  • バイデン外交と金融市場(6/9)
  • フランス経済相発言はユーロを売らせることになるのか?(6/8)
  • やはり市場は金利の動向ではなくドルの動向をみている(6/7)
  • 今の状況の整理(6/6)
  • 本当に雇用統計はいいのか?(6/4)
  • アメリカのメディアをあまり信用してはいけない?(6/3)
  • キホンのもう一度のおさらい(6/2)
  • こういうニュースを見逃してはならない(6/1)

2021年6月のバックナンバーを購入する

2021年5月配信分
  • 最先端の技術はマーケットに必要か?(5/31)
  • インフレが起こらない理由(5/28)
  • ストーリーができつつある(5/27)
  • 人の話はきちんと聞こうPART2(5/26)
  • 6月のマーケットは荒れると思う(5/25)
  • 価格の過去を知る重要性(5/24)
  • なぜドル安になるのか?(5/23)
  • G7の開催日程からマーケットを読む(5/21)
  • ビットコイン危機はくるのか?とここ数日のドルの動き解説(5/20)
  • いったいドルはどうなるのか?(5/19)
  • 何を基準に為替レートは動いているのか?(5/18)
  • 今週は日本のGDP(5/17)
  • 5/17からのマーケットの展開(5/16)
  • 人の話はちゃんときこうΣ(・ω・ノ)ノ!(5/14)
  • ともかく基本に立ち返る(5/13)
  • マーケットの基本(5/12)
  • 米政権のマーケット方向性と今週の予定(5/11)
  • 大失敗の雇用統計(5/10)
  • インフレ懸念、意味をきちんと知ろう(5/7)
  • 世界は緩和縮小の動き リスクマネーは退散傾向(5/6)
  • ポンドの基準値をGDPから知るー実践編―(5/3)
  • GDPから計算する為替適正値(5/2)

2021年5月のバックナンバーを購入する

2021年4月配信分
  • 7月までのマーケットの展開はなんとなくわかる(4/30)
  • ユーロやNZが高い理由と「インフレ懸念」(4/28)
  • マーケットのキホン(4/27)
  • 通貨の価値が上昇している、すなわち、急落の可能性はまだまだある(4/26)
  • ひたひたと迫る急落の足音(4/23)
  • 緩和縮小の事例、NZ、カナダ(4/22)
  • 進む西側諸国と中国のデカップリング(4/21)
  • 今のマーケットの状況(4/20)
  • 米中対立とマーケット(4/19)
  • オスとラリア、NZが高い理由と金利の話(4/16)
  • FXをやるのにはチャートなどいらない(4/15)
  • なぜユーロは上昇するのか? そして為替の基本 JJ問題そのほか(4/14)
  • 為替の基本の「キ」(4/13)
  • 今朝のメルマガをかんたんにしたもの(4/12)
  • FXの中長期展望ですが株も関係あります(4/12)
  • きょうの予測方法のおさらい(4/9)
  • 株価は高すぎる状態(4/9)
  • 緊急配信★朝のメールの訂正(4/8)
  • ドル高円高ユーロ安などの見抜き方(4/8)
  • G7によって為替相場は決定される可能性(4/7)

2021年4月のバックナンバーを購入する

【関連】日本の農業をアメリカに売った政府の罪。アグリビジネスが農家の生活と地球を壊す=田中優

【関連】小池百合子首相の誕生に現実味。五輪で風向き変化、秋の総選挙までに予想される3つの政局=澤田聖陽

【関連】「投資系YouTuberの7割はウソ」金融の専門家が警告、海外金融商品に落とし穴=俣野成敏

image by:Federalreserve at Wikimedia Commons [Public Domain], via Wikimedia Commons
1 2 3

角野實のファンダメンタルズのススメ』(2021年7月29日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

角野實のファンダメンタルズのススメ

[月額990円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
株やFXをトレードするときほとんどの人が感覚や本能でトレードをしています。その感覚や本能は素晴らしいものですが、どの世界でも本当に成功するのはそれを科学的、ロジカルに説明することができるものです。このメルマガを読むことによって株式やFXに科学的な視点を加えることを目的にできればと思います。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー