fbpx

今日の為替市場ポイント:目先的に安全逃避的なドル買いが強まる可能性

マネーボイス 必読の記事



7月30日のドル・円は、東京市場では109円36銭から109円63銭まで反発。欧米市場では、109円48銭から109円83銭まで上昇し、109円69銭で取引終了。本日8月2日のドル・円は主に109円台で推移か。国内外における新型コロナウイルス変異株の感染拡大を警戒して、目先的に安全逃避的なドル買いがやや強まる可能性がある。

米連邦準備制度理事会(FRB)は将来的に金利引き上げを行う可能性が高いものの、量的緩和策の早期縮小について慎重な姿勢を崩していない。先週行われたパウエルFRB議長の記者会見では、「労働市場の状況は改善しており、需要は強い」との見解が提示された。量的緩和策を縮小する状況に達するまである程度の時間が必要となるが、FRBは遅くとも来年1-3月期までに緩和策の縮小に着手するとの見方が多い。量的緩和策の縮小が一巡した後は金利引き上げも予想されることから、リスク回避的なドル売りが大きく広がる状況ではないとみられる。

今週発表される米経済指標では7月ISM製造業景況指数と7月雇用統計に対する関心が高い。いずれも市場予想と一致するか、上回った場合、米国経済正常化への期待で主要通貨に対するドル高進行の要因になりやすい。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー