fbpx

いくら貯めれば老後破綻しない?生活レベルに合わせた必要貯金額の算出方法=牧野寿和

現役中に貯めておくべき老後の生活資金

ここまでに算出できた数値を表に記入していき、生涯の「貯蓄額」の推移に注目します。

「年間収支」の欄が単年で赤字の年があり「貯蓄額」から取り崩して補充してプラスになればよいのですが、「年間収支」が単年でも「0」やマイナスになれば、家計が破綻する可能性があるということです。

この表の家計支出を維持していくためには、現役中、常に生涯「貯蓄額」の欄が、プラスの数値を維持できるように、現役中にその資金を蓄えておくことが必要です。

または、生涯「「貯蓄額」の欄がプラスに維持できるように、今から、老後の家計支出を減額する生活を送ることを予定しておくことです。

作成する表は、自分たち夫婦の大切な老後の計算になります。

甘い数字ではなく、シビアな数字で計算することが、もっとも大切です。

【関連】「彼氏にしたい職業」上位はぜんぶ地雷、玉の輿に乗りたいなら○○な男を選べ=午堂登紀雄

【関連】なぜ貧困層ほどワクチン接種率が低いのか?貧しさがコロナ感染を広げる3つの理由=鈴木傾城

【関連】日本人の8割が加入する生命保険はムダだらけ。対策すべきは不慮の事故より長生きリスク=俣野成敏

image by:Makistock / Shutterstock.com
1 2 3 4

【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ』(2021年8月18日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ

[無料 週刊]
ご自身の描いた老後の生活を実現するために、 40代から、退職・完全リタイアをするまでに、 やっておくべきことがあります。 そんなことはわかっているよ!! でも、行動に移せないんだよね…… 実は、何から始めようか迷っているんだよ!? そもそも、何をしたらいいのかわからないんだよね??? そんな方のために、同年代の私、 「人生の添乗員(R)」が、 ファイナンシャルプランナーとして13年の実績と、 自身の人生経験から、 40代から、退職・完全にリタイアをするまでにすべき、 「貯蓄」と「節約」について、 毎週、1テーマずつお伝えします

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー