fbpx

東京為替:ドル・円は弱含み、日本株の反落で円買い

マネーボイス 必読の記事




16日の東京外為市場でドル・円は弱含み。日経平均株価の高寄りを受けた円売りで、一時109円46銭まで上昇。ただ、その後の日本株の反落で、リスク回避の円買いが優勢に。ドルは値ごろ感による買戻しで下げ渋る場面もあったが、円買いで109円22銭まで値を下げた。

・ユーロ・円は129円35銭から128円90銭まで下落した。
・ユーロ・ドルは1.1821ドルから1.1786ドルまで値を下げた。

・17時時点:ドル・円109円30-40銭、ユーロ・円128円80-90銭
・日経平均株価:始値30,606.15円、高値30,622.39円、安値30,202.51円、終値30,323.34円(前日比188.37円安)

【要人発言】
・中国恒大集団
「本土部門はすべての債券取引を16日に停止し、17日に再開」

【経済指標】
・NZ・4-6月期GDP:前年比+17.4%(予想:+16.1%、1-3月期:+2.9%←+2.4%)
・日・8月貿易収支:-6354億円(予想:+29億円、7月:+4394億円)
・豪・8月失業率:4.5%(予想:5.0%、7月:4.6%)
・豪・8月雇用者数増減:-14.63万人(予想:-8.00万人、7月:+0.22万人)



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー