fbpx

前日に動いた銘柄 part2 川本産業、アミタホールディングス、ジーダットなど

マネーボイス 必読の記事



銘柄名<コード>29日終値⇒前日比
木村化工機<6378> 1016 -85
先週末にかけての連日の上昇の反動強まる。

JUKI<6440> 941 -88
目先の上値到達感なども広がる形に。

藤倉コンポジット<5121> 818 -68
コロナ流行によるゴルフシャフトへの影響懸念も。

サムティ<3244> 2263 -170
配当権利落ちの影響強まる形に。

トーセイ<8923> 951 -75
11月末権利落ちで見切り売りが優勢に。

日本毛織<3201> 835 -64
11月末配当権利落ちなどで処分売り。

OLC<4661> 17900 -895
コロナ変異株確認による業績回復の遅れを懸念視。

三菱UFJ<8306> 610.1 -12.9
米長期金利の低下が銀行株の売り材料に。

川本産業<3604> 1065 +150
コロナ対策関連の小型株として短期資金物色へ。

バイク王<3377> 1088 +48
ウイズコロナ関連の一角として物色へ。

タカトリ<6338> 1715 +77
パワー半導体向けSiC材料切断加工装置で大口受注と発表。

アミタホールディングス<2195> 4145+700
12月31日を基準日に1対5の株式分割を実施へ。

レナサイエンス<4889> 934 +57
ニプロと共同研究契約、糖尿病治療でAI搭載医療機器システム開発。

GFA<8783> 154 +0
「CLUB CAMELOT」メタバースのオープニングコンテンツが正式決定と発表。

サンアスタリスク<4053> 2772 -228
既存株主による357万4800株の売り出し等について発表。

ENECHANGE<4169> 6970 -1500
75万株の公募増資等について発表し需給懸念先行。

FRONTEO<2158> 4300 -1000
東証が29日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施へ。

旅工房<6548> 1010 -67
コロナ新変異株で旅行関連の業績改善遅れるとの見方。

ユーラシア旅行社<9376> 465 -34
コロナ新変異株で旅行関連の業績改善遅れるとの見方。

ジーダット<3841> 1600 +300
パワーデバイス向け自動レイアウトツールを開発、21年12月末に販売を開始へ。

キタック<4707> 326 -11
利益面の下方修正を嫌気。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー