fbpx

日経平均は3日ぶり反発、自律反発期待の買い先行、米休場前に上値重く

マネーボイス 必読の記事



日経平均は3日ぶり反発。14日の米国市場でNYダウは続落し、201ドル安となった。12月小売売上高の予想下振れや金融大手の決算が嫌気された。一方、半導体関連を中心としたハイテク株には押し目買いが入り、ナスダック総合指数は反発。13~14日の2日間で640円あまり下落していた日経平均も、週明けの本日は自律反発期待の買いが先行して208円高からスタートした。前場には28449.99円(前週末比325.71円高)まで上昇する場面もあったが、今晩の米国市場が休場とあって上値追いの動きは限られた。

大引けの日経平均は前週末比209.24円高の28333.52円となった。東証1部の売買高は9億9587万株、売買代金は2兆3178億円だった。業種別では、鉱業、ゴム製品、パルプ・紙が上昇率上位だった。一方、鉄鋼、海運業、保険業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の44%、対して値下がり銘柄は51%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>などがしっかり。NY原油先物相場が大幅反発したことを受け、INPEX<1605>などの関連銘柄が買われた。クリレスHD<3387>は決算が好感され、ベイカレント<6532>やSHIFT<3697>は商いを伴って急伸。また、株式分割の実施を発表したOATアグリオ<4979>や前述のベイカレントが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、売買代金トップのレーザーテック<6920>は3日続落し、郵船<9101>や商船三井<9104>といった海運株もさえない。スノーピーク<7816>は12月度売上の増収率鈍化を受けてストップ安。今期大幅減益見通しのフィルカンパニー<3267>や四半期報告書の提出遅延見込みを発表したグレイス<6541>は売り気配のままストップ安比例配分となった。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー