fbpx

クロスキャット—75日線水準での踏ん張りからリバウンド意識へ

マネーボイス 必読の記事



昨年12月23日につけた1920円をピークに調整を継続しており、足元で75日線を割り込んでいる。ただし、同線を下放れる動きとはならず、踏ん張りを見せている。一目均衡表では雲下限で下げ渋る動きを見せており、今後雲の切り上がりに沿ったリバウンドが意識されてくる。パラボリックのSAR値は1480円辺りまで低下してくるため、陽転シグナル発生へのハードルは低い。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー