fbpx

ソロスの警告「第三次世界大戦がすでに始まっている」を織り込んで米国株は大暴落へ=菅下清廣

世界三大投資家の1人、ジョージ・ソロスは「第三次世界大戦はすでに始まっている」と明言していました。先週末から起きている米国株の暴落は、予想以上の米国のインフレが原因とされていますが、ソロスの警告を織り込み始めた可能性があります。(『菅下清廣の”波動からみる未来予測”』菅下清廣)

【関連】死ぬまで働かされる人生から脱出!「経済の千里眼」菅下清廣氏の新著紹介

※本記事は『菅下清廣の”波動からみる未来予測”』2022年6月13日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:菅下清廣(すぎした きよひろ)
国際金融コンサルタント、投資家、経済評論家、スガシタパートナーズ株式会社代表取締役、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。ウォール街での経験を生かした独自の視点で相場を先読みし、日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せている。「経済の千里眼」との異名も。著書に『今こそ「お金」の教養を身につけなさい』ほか多数。

平和ボケから覚醒した日本

すでに大きく報道されていますが、6月12日朝のフジテレビ「日曜報道THE PRIME」で政府が増額の方針を決めている防衛費について高市早苗政調会長が、「必要なものを積み上げれば10兆円規模になる」と述べています。

2022年度の当初予算では、およそ5兆4,000億円の防衛費が倍増する可能性を指摘していました。いよいよ、日本も自主防衛路線に踏み切ったと言えます。

戦後77年間、これといった対外紛争もなく、日米安全保障条約にもとづいて、有事には、米軍が守ってくれるという平和な時代が終焉しようとしています。

ロシア VS NATOによる第三次世界大戦の勃発

 

今回のロシアのウクライナ侵攻を目のあたりにして、平和ボケ日本が覚醒したと言っていいでしょう。突然、なんの予告もなく、ロシアの大軍がウクライナの国境を越えて各都市を蹂躙したのです。

すでにウクライナ国民1万人以上が戦死している。ウクライナからの避難民はおよそ1,000万人に達しています。

そのロシアのプーチン大統領が直近、自国のテレビ番組で「ピョートル大帝は、ただ領土を取り戻しただけだ。今もロシアはかつての領土を取り戻そうとしているだけだ」と言い放っている。プーチンは現代のピョートル大帝になろうとしてます。

このプーチンの野望が正気なのかどうか分りませんが、本気でかつての領土を取り戻そうとしているなら、ウクライナ侵攻にとどまらず、ポーランドやバルト3国などに侵攻する最悪のシナリオが浮上してきます。

つまりロシア軍とNATOの戦い、第3次世界大戦の勃発です。

あの世界3大投資家の1人、ジョージソロスは、「すでに第三次世界大戦が始まっている」と明言しています。

Next: 中国は台湾侵攻、ロシアは北海道侵略。現実味を帯びる日本の核装備

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー