fbpx

日経平均は387円安、月末にかけての需給期待も一巡か

マネーボイス 必読の記事



日経平均は387円安(13時20分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、ファナック<6954>、アドバンテスト<6857>などがマイナス寄与上位となっており、一方、キッコーマン<2801>、第一三共<4568>、大塚HD<4578>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、鉱業、その他金融業、石油石炭製品、海運業、不動産業が値下がり率上位、繊維製品、建設業、パルプ・紙、水産・農林業が値上がりしている。

日経平均は心理的な節目とされる26500円を下回り、下値模索となっている。引き続き世界景気の減速懸念が重しとなっているようだ。市場では月末にかけての需給期待もあったが、これも一巡してきているとの指摘もある。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー