fbpx

ジョージ・ソロスの売りポジションは、本当にただの「Brexit対策」だったのか?

またもや勝利のジョージ・ソロス、だが彼の狙いは別にある

いずれにしても、英国の国民投票の直前、持ち株を売って金鉱株と金(ゴールド)を買っていたジョージ・ソロスはまたもや勝利した、ということです。

BBCがEU離脱が決定したことを発表すると同時に、金の現物は1トロイオンス1355,50ドルと、過去1年で最高値をつけました。一方、円建ての金現物価格は、急激な円高が進んでいるにも関わらず、こちらも午後になってから大暴騰しました。

Gold先物(COMEX) 5分足(SBI証券提供)

Gold先物(COMEX) 5分足(SBI証券提供)

しかし私は、ソロスの投資ポジションの劇的な変更は、英国のEU離脱に備えて資金を避難させたというより、迫りくる米国の市場崩壊に備えたものとの見方を変えていません。
英国EU離脱でも中国でもない、ジョージ・ソロスが怯える「第3の危機」 で詳述

英国のEU離脱が決まったことで、世界市場には未曽有の激震が走っていますが、いずれ市場の混乱は収束します。

元から存在したEU離脱シナリオ?

この段階で言えることは、(編注:王室を含む)英国は実はEUからの離脱を望んでいた可能性がある、ということです。この分析については、ドイツ、フランス、米国、中国の動静を見ながら7月に入ってからにしたいと思います。


「カレイドスコープ」のメルマガ』第162号パート1では、今回ご紹介した以外にも、メインテーマとして「2017年秋の暗号通貨の発行によって日本のメガバンクが日銀にとって代わる」について詳しく解説しています。興味をお持ちの方はぜひバックナンバーを含む今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】「トランプ大統領」リスクを読み始めた米国~まさかの“利下げ”観測も=斎藤満

【関連】英国ついにEU離脱決定。これから何が起こるか?必読の記事5選

1 2

「カレイドスコープ」のメルマガ』(2016年6月24日第162号パート1)より一部抜粋、再構成

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額756円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい