fbpx

米国株は「2029年まで続く超長期上昇トレンド」の第2ステージに入った=江守哲

早く上場廃止になるべき?東芝株について

最後に東芝株についてです。

このような企業や銘柄に対して、どのように対処するのがよいのでしょうか?

少なくとも、これまでの状況では、東芝株への投資はギャンブルとの位置づけです。これだけひどい状況では、とても会社として信用できません。粉飾決算決算発表の延期など、会社としての体をなしていません。

監理ポストに入りましたが、早く上場廃止にした方がよいとさえ感じています。

大きい会社であることや、原子力ビジネスに絡んでいるということで、政府の力が働いているとすれば、まさに本末転倒です。いずれにしても、これらの判断は非常に難しいのですが、私の考えでは、基本的にはこのような銘柄には手を出しません。

一方、今回の臨時株主総会での決定をきっかけに、東芝が生まれ変わるかもしれません。しかし、現時点では材料不足ですし、投資するとなれば、やはりギャンブルの域を出ないでしょう。

それでも一発狙いで投資される方は、自己責任で行われればよろしいかと思います。それ以上に期待できる銘柄はいくらでもありますので、私はそちらに投資しますが。ちなみに、私のシャープ株は順調に育ってます。
続きはご購読ください。初月無料です

初月無料購読で今すぐ読める!2017年4月3日号の目次

・マーケット・ヴューポイント~「4月は上昇の月」
・米国株式市場~心配無用、日本株はまだまだ上値が重い
・為替市場~ドル円は方向性が決まっている
・コモディティ市場~金は短期調整、原油は復調
・今週の「ポジショントーク」~買い増し、押し目買い
・ヘッジファンド投資戦略~「資金に余裕を持たせる」-投資戦略構築のポイント
・マーケット人生物語~私の人生を変えたアノ事件
・ベースボール・パーク~「週末は野球と花見?」
・セミナー・メディア出演のお知らせ


本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2017年4月3日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事の続き(「為替市場~ドル円は方向性が決まっている」の全文)や、コモディティ市場の詳しい分析のほか、人気連載「マーケット人生物語~私の人生を変えたアノ事件」「今週のポジショントーク」もすぐ読めます。

【関連】杞憂に終わる「ダウ暴落」イエレン利上げで米国株式市場が死なない理由=江守哲

【関連】やはり日本の「バブル景気」は始まっている!2つのシグナル=児島康孝

【関連】新・大塚家具、久美子社長はなぜ「過去最悪赤字」に追い込まれたのか?=栫井駿介

1 2 3 4 5

有料メルマガ好評配信中

江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

[月額3,240円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く) ]
株式・為替・コモディティなどの独自の市場分析を踏まえ、常識・定説とは異なる投資戦略の考え方を読者と共有したいと思います。グローバル投資家やヘッジファンドの投資戦略の構築プロセスなどについてもお話します。さらに商社出身でコモディティの現物取引にも従事していた経験や、幅広い人脈から、面白いネタや裏話もご披露します。またマーケット関連だけでなく、野球を中心にスポーツネタやマーケットと野球・スポーツの共通性などについても触れてみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい