fbpx

1899年「チュニジア」の写真がカラーになった…美しい服、街並みに感動!

少し前から昔のモノクロ写真をカラー化する試みが流行っているが、こちらの写真もフォトクロームという技術を使ってモノクロ写真をカラーにしたものだ。

これはどこだかおわかりになるだろうか?

フランスの保護領時代、1899年のチュニジアの様子なのだ。人でにぎわうマーケット、人々の美しい服、そして美しい街並みが、カラーだとはっきり見えて雰囲気も感じ取れるので、ぜひ引き続きご覧いただきたい。

1800年代後半の北アフリカは…どこを撮っても絵葉書にできるほど美しかったようだ。撮影者が夢中でシャッターをきったのも十分、頷ける。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:dailymail.co.uk/Beautiful black and white photographs brilliantly brought to life in colour… WITHOUT Photoshop: Painstaking primitive technique transforms North African pictures from 1899
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】浜田宏一氏、失敗の本質~なぜリフレ派は「対米売国奴」に墜ちたのか?=吉田繁治

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー