fbpx

ゴジラのグローバル化、その顛末とは=佐藤健志

記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年8月16日より
※本記事のタイトル・リード・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

【関連】私を感動させた「日本語」のすごい力~アムロ、巴マミ、御坂美琴=三橋貴明

【関連】「訪日外国人」という危険な勘違い。観光立国で日本経済は復活しない=小浜逸郎

『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017/08/16号より

さる8月7日、世界的に知られた俳優が亡くなりました。
中島春雄さん
享年88。

…え、誰?
と思われた方もいるでしょう。
そんな方でも、中島さん最大の当たり役はご存じのはず。
観たことのある方も多いと思われます。
ずばり、ゴジラ

1954年につくられたオリジナル版『ゴジラ』で、中島さんはゴジラのスーツアクターに選ばれました。
モンスタースーツ、つまり着ぐるみの中に入って、かの大怪獣を演じたのです。
以後、ゴジラに扮すること実に12回

『ゴジラ』の主演俳優は普通、宝田明さんとされます。
もちろん、これはこれで正しい。
ちなみに初主演作品でした。

ただし宝田さんによれば、撮影開始の際、スタッフにたいして
主役をやらせてもらう宝田明でございます
と挨拶したところ、
バカヤロー、お前が主役じゃない。主役はゴジラだ
と怒鳴られたとか。

ならば中島さんこそ、『ゴジラ』の真の主演俳優と言うべきでしょう。
タイトルロール(役の名前が、作品のタイトルにもなっているキャラクター)を演じたわけですからね。
個人的には、マッドサイエンティスト「芹沢博士」役の平田昭彦さんも捨てがたいのですが、これは脇に置くことにします。

さて。

中島さんは海軍の予科練出身
特攻隊に配属され、出撃を待っているところで敗戦を迎えたそうです。

その後は占領軍の運転手を経て、1950年に21歳で東宝に入社
いわゆる大部屋俳優でしたが、『ゴジラ』で映画史に名を残すこととなりました。

けれどもゴジラのスーツアクター
占領軍の運転手をしていた特攻隊帰り
というのは、じつに興味深いものがあります。

Next: ゴジラが象徴するのは太平洋戦争中の米軍か?それとも旧日本軍か?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい