fbpx

投資対象としても魅力アリ?「平均年収1千万円超」の会社いろいろ=山田健彦

給与の高い会社は業績も良いものですが、ではその株価にはどんな傾向があるでしょうか?今回は平均年収や給与伸び率をヒントに投資先の候補を探してみます。(『資産1億円への道』山田健彦)

継続してウォッチしたい、平均年収&給与伸び率トップ10企業

給与の高い会社は株価も高くなる?

給与の高い会社は、業績が良いというのが通常です。

では、株価はどうなのか。株価は業績の絶対的な水準の高さよりも、その伸び率に反応します。ですので、「業績の良い会社の株価は上昇するのか?」というと、イエスでもあり、ノーでもあります

しかし、社員の給与額をヒントとして投資先の候補を探るのは決して無駄な作業ではないので、今回はそのようなアプローチを取ってみたいと思います。

【関連】天才リンチ流「完璧な株」の条件にあてはまる“お宝銘柄”の探し方=山田健彦

平均年収1千万超の企業は47社

検索をかけてみると、社員の平均年収が1千万円を超える上場企業は47社ありました。

平均年収ですので、これより高い社員の人も当然います。また、企業によっては平均年収を公表していないところもありますので、そこは注意する必要があります。

どのような企業が該当すると思いますか?

一般には、高給イメージの高い金融関係放送会社総合商社、最近では人材の奪い合いから高給での引き抜きが続いているIT関連の企業が思い浮かぶかもしれません。

以下、年収順のトップ10の企業です(数字は東証銘柄コード、会社名は一部略称)。

  1. GCA<2174>:2,139万円
  2. M&Aキャピタル<6080>:1,905万円
  3. キーエンス<6861>:1,861万円
  4. TBS<9401>:1,661万円
  5. ストライク<6196>:1,616万円
  6. フジメディア<4676>:1,485万円
  7. 日本テレビ<9404>:1,427万円
  8. 日本M&Aセンター<2127>:1,419万円
  9. ヒューリック<3003>:1,418万円
  10. スクウェアエニックス<9684>:1,365万円

このトップ10企業の中で、製造業はキーエンスのみです。といっても、同社は実際の製品製造は他社に外注しているので、厳密には製造業とはいえないかもしれません。その他は、コンサル放送局不動産管理ゲームの会社です。

ひところ「モノづくり大国 日本」など、まだまだ製造業はイケまっせ、という掛け声があちこちから聞こえていましたが、少なくとも給与水準面からは日本をリードするのは非製造業になってきたようです。

ちなみに日本を代表する自動車メーカーで売上高3位の日産でも、平均年収は816万円です(1位のトヨタ、2位のホンダは年収については非公開)。

この10社の中から、知名度の低いと思われる会社を見ていきます。

トップのGCAはM&A助言会社で、アセットマネジメントも手掛けます。のれん償却控除純利益を配当と自己株買いで利益を株主に100%還元。1株あたりの配当額下限は35円に設定。8/21の終値で算出した配当利回りは3.72%にもなります。

2位のM&Aキャピタルは、事業承継案件が得意で、調剤薬局に強い顧客基盤を持ちます。成長優先で当面配当は出さない予定だそうですが、ROEは今期予想で37.3%にもなる高収益会社です。近年、中小企業の経営者が「息子や娘にはこんな大変な思いをさせたくない」と、跡を継がせたくないという経営者が増えているのだそうです。さりとて、従業員やその家族の生活もかかっているので廃業するわけにもいかず、「できれば会社を従業員ごと引き取ってくれるところはないか」という相談が増えているそうです。M&Aキャピタルはそのような事業承継案件が得意とのことです。

3位のキーエンスですが、FAセンサーなど検出・計測制御機器大手です。「世界初、業界初」などイノベーションを追求する社風に特徴があります。株価は5万円を超え、売買単位は100株ですので、個人投資家にはちょっと手が出ないのが残念です。

5位のストライクですが、こちらもM&A関係です。公認会計士と税理士が経営の中心なので、そちらのルートから案件を獲得しているようです。

8位の日本M&Aセンターも、その名の通りM&A関係ですが、こちらは地銀とのネットワークで案件を発掘しているようです。シンガポールに拠点を開設し、クロスボーダー案件も増えてきています。

9位のヒューリックですが、もともとは旧富士銀行(今のみずほ銀行)の支店の土地、建物の管理会社だった会社です。そのため東京23区の駅近接ビル中心に好物件を多数所有しています。昨今は観光ホテル、商業施設、高齢者住宅、賃貸マンションなど開発・投資物件を多角化しています。

10位のスクウェアエニックスですが、人気作「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー(FF)」を持つゲーム制作会社です。攻略本・雑誌・コミックなどの出版も収益源で、アミューズメント施設運営と業務用ゲーム機のタイトーや英中堅ソフト・アイドスを買収するなどM&Aに積極的です。

このように、「額に汗して働く」というよりは、「頭脳に汗して働く」という企業の方が給与は良いという流れになってきているようです。

Next: 継続的にウォッチしたい、過去5年間で給与が増えた企業トップ10

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい