fbpx

いくらで人生逃げ切れる?超少子高齢化社会の「ハッピーリタイヤ」入門=俣野成敏

年金は「もらえたらラッキー」くらいに思っておく

他に、巷の意見として「サラリーマンは手厚い公的年金に加入しているから、老後破産はしない」という主張もあります。しかし、これも「年金をもらえる」という前提に立っていることに疑問を感じます。

今、国の借金が雪だるま式に増える一方で、年金財源は減り続けています。このままでは、現行の制度が立ちいかなくなることは明らかです。そうなった時に「私はこれだけ支払ったから、生涯これだけもらえるはずだ」と主張したところで、どうしようもありません。

これらの予測が未来のことである以上、どれが正しくてどれが間違っているのか、などと言うことはできません。しかし、当てにしていたものが入らずに露頭に迷うよりは、自分の身体が動くうちに、できる手を打っておいたほうがいいのではないか、と思う次第です。

私は、自分が運営しているマネースクールでは「年金は“もらえたらラッキー”くらいに思っておいてください」とお伝えするようにしています。

2. リタイヤを考える前に知っておきたい前提条件

続いて、リタイヤを語る前に、先にその前提条件を抑えておきましょう。実はリタイヤとは、必ずしも年齢で輪切りにできるものではありません

【「老後」について、定義づけしておこう】

さて、どのように引退・その後の生活を送るのか?ということをお話しする前に、最初に私が考える「老後」の定義からお伝えしておきたいと思います。

本来、「老後」とはどういう状態のことを言うのでしょうか? 私がセミナー受講生にお聞きしたところでは、だいたい「60歳か65歳」、時に「80歳」といった返事も返ってきました。けれど私は、老後とは「年齢に関係なく仕事を辞めた時のこと」だと考えています――

続きはご購読ください。初月無料です<残約7,700文字>

3. 現状を打破するために

今週の宿題:自分の会社の雇用延長策について確認してみよう

今週のQ&Aコーナー:Jリートの将来性ってどうなの?


※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』2017年9月28日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。10月に配信される本記事の続編もすぐ読めます。

次回予告

次回は「リタイヤ」特集の続編をお送りします!「リタイヤ後は、のんびり暮らしたい」「外国で余生を送るのもいいよね」と夢を語る人がいます。しかし、それは本当にバラ色の未来なのでしょうか?
・「80歳まで働く時代」がやってくる?!
・誰もが憧れる「アーリーリタイヤ」の真の姿って?
・老後破産を避けるために、何から始めるべきなのか?
・可処分時間を意識しよう!
人が後悔のない人生を送るにはどうすればいいのか? 次週は多くの人が憧れるアーリーリタイヤなどについて、実現の可能性を探ります。次回の特集も、どうぞお楽しみに!

【関連】本当に幸せ?「アーリーリタイヤ」の理想と現実~ハッピーリタイヤ入門(中)=俣野成敏

【関連】「逃げ切った」はずの人生を襲う、老後破産を回避せよ~リタイヤ入門(完)=俣野成敏

こちらもオススメ!月単位で購入できる人気バックナンバー

10月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

9月配信分
【Vol.70】「人類未曾有の超高齢化社会の行く末とは?」(上)~少子高齢化時代の「リタイヤ」を考える~
【Vol.69】「生前贈与に向き合う時代がやってきた!」(下)~もしもの時に慌てないための相続税対策とは~
【Vol.68】「生前贈与に向き合う時代がやってきた!」(上)~もしもの時に慌てないための相続税対策とは~
【Vol.67】「大副業時代のマネタイズ」(下)~会社のブランドなしに自分で稼ぐ能力の磨き方~

8月配信分
【Vol.66】「大副業時代のマネタイズ」(中)~会社のブランドなしに自分で稼ぐ能力の磨き方~
【Vol.65】「大副業時代のマネタイズ」(上)~会社のブランドなしに自分で稼ぐ能力の磨き方~
【Vol.64】「働く人の税金対策」(下)~サラリーマンが節税できる道はあるのか?~
【Vol.63】「働く人の税金対策」(中)~サラリーマンが節税できる道はあるのか?~
【号外】働くなら、やっぱり外資系企業のほうがいいの?
【Vol.62】「働く人の税金対策」(上)~サラリーマンが節税できる道はあるのか?~

7月配信分
【Vol.61】「有料メルマガ読者コンサルレポート」(下)~あなたのお金の悩みを解決します!~
【Vol.60】「有料メルマガ読者コンサルレポート」(上)~あなたのお金の悩みを解決します!~
【Vol.59】「海外銀行口座開設」徹底攻略法!(下)~日本人に海外の窓口は開かれるのか?~
【Vol.58】「海外銀行口座開設」徹底攻略法!(中) ~日本人に海外の窓口は開かれるのか?~

6月配信分
【Vol.57】「海外銀行口座開設」徹底攻略法!(上) ~日本人に海外の窓口は開かれるのか?~
【Vol.56】「生命保険は結局、入った方が得?損?」(4) ~2017年の保険料改定がもたらすもの~
【Vol.55】「生命保険は結局、入った方が得?損?」(3)~2017年の保険料改定がもたらすもの~
【Vol.54】「生命保険は結局、入った方が得?損?」(2) ~2017年の保険料改定がもたらすもの~
【Vol.53】「生命保険は結局、入った方が得?損?」(1)~2017年の保険料改定がもたらすもの~

5月配信分
【Vol.52】「やっぱりオーナーになりたい!」(下)~フランチャイズビジネスの成功法則とは?~
【Vol.51】「やっぱりオーナーになりたい!」(上) ~フランチャイズビジネスの成功法則とは?~
【Vol.50】「今から不動産って間に合うの?」(下)~人口減少時代の不動産投資とは~
【Vol.49】「今から不動産って間に合うの?」(上) ~人口減少時代の不動産投資とは~

4月配信分
【Vol.48】マネースクール1周年記念! ~医師すらお金に困る時代のマネー対策~
【Vol.47】 企業が人を採用する基準とは? ~来るべき「人材争奪戦」に備える~
【Vol.46】「実物資産投資ってどうよ?」 ~実物資産の正しい考え方と活かし方~
【Vol.45】「初めての海外投資入門」 ~これだけは気をつけたいポイント~

3月配信分
【Vol.44】「部下の気持ちがわからない」あなたへ ~これだけは押さえておきたい部下マネジメント~
【Vol.43】「本当の人脈のつくり方」って? ~人脈を仕事につなげる方法~
【Vol.42】「ポートフォリオ大研究!」 ~ポートフォリオを投資計画に活かす方法~
【Vol.41】「毎月の収支バランスってどうしたらいいの?」 ~マネーレコーディングは投資への第一歩~
【Vol.40】「来たれ!副業新時代!」 ~働き方改革の表と裏~

【関連】日本のサラリーマンが知るべき「持ち家貧乏」と不動産投資の甘い罠=俣野成敏

【関連】日本国民をマンガで洗脳? 厚労省の「年金ストーリー」に潜む4つの大問題=矢口新

【関連】低年収でも「1000万円」は貯められる!20~30代に贈る逆転の貯蓄術=川畑明美

1 2 3 4

俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』(2017年9月28日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

俣野成敏の『サラリーマンを「副業」にしよう』実践編

[月額550円(税込) 毎月5日・20日(年末年始を除く)]
老後2000万円問題、働き方改革、残業規制、等々。政府も会社も「自助努力で生きよ」と突き放す中、コロナ・ショックによるリストラが追い討ちをかけています。自己責任の名のもとに始まった大副業時代を生き抜く術とは?『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社)』『一流の人はなぜそこまで○○なのか?シリーズ(クロスメディア・パブリッシング)』『トップ1%のお金シリーズ(日本経済新聞出版社)』等、数々のベストセラーを世に送り出してきた著者が、満を持して『サラリーマンを「副業」にしよう(プレジデント社)』を発売。マネーとビジネスの両面から、サラリーマンを副業にするための情報をお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー