fbpx

1ドル118円、日経2万2000円も?円安株高の「最速シナリオ」は実現するか=伊藤智洋

円・ドル相場は9月8日以降、はっきりした円安トレンドに入っていて、今後は2通りの展開が考えられます。どちらになるかは、23日以降にはっきりします。(『少額投資家のための売買戦略』伊藤智洋)

※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2017年10月22日号を一部抜粋・再構成したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。今月配信済みバックナンバーや本記事で割愛した全文(プラチナ、日経平均株価の今後のシナリオ)もすぐ読めます。

プロフィール:伊藤智洋(いとうとしひろ)
証券会社、商品先物調査会社のテクニカルアナリストを経て、1996年に投資情報サービス設立。株や商品先物への投資活動を通じて、テクニカル分析の有効性についての記事を執筆。MS-DOS時代からの徹底したデータ分析により、さまざまな投資対象の値動きの本質を暴く。『チャートの救急箱』(投資レーダー社)、『FX・株・先物チャートの新法則[パワートレンド編]』(東洋経済新報社)など著書多数。

円安トレンドが鮮明に。今後の相場シナリオは2通りに絞られた

円・ドル相場日足とトレンドの基本型

171024ito_1

上図は、円・ドル相場日足です。図中には、今後の予想線と、一定の流れができている場面での基本型を掲載しています。

一定の流れができているときは、5つの波のパターンが基本の動き方になります。

5つの波のパターンには、

(1)3波の値幅だけが極端に長くなるパターン
(2)1波、3波、5波が均等に長い値幅になるパターン

2通りがあります。

上昇傾向のある時期に、上昇の流れへ入っている可能性がある場合、基本型を当てはめれば、最初の1波の長さを確認して、2波の調整を終了したと判断できる時点で、5波の終点までの展開をおおよそ推測できます。

特に、(2)の展開の場合、3波と5波が1波に近い動き、4波が2波に近い動きなので、5波の終点までの日程と変動幅まで、だいたい検討をつけておくことができます。

最速なら、日経平均は11月上旬にも2万2,000円へ

円・ドル相場は、9月8日以降、はっきりした円安トレンドへ入り、年末へ向けて、5つの波のパターンを形成する可能性があります。その場合、9月8日から10月6日までの円安場面が1波目となり、その後の反転が2波となります。

1波が一本調子の円安場面となって、値幅の伴った動きとなったことから、今回、5つの波を形成する場合、(2)の展開が考えられます。だとすれば、今後は、1波と同程度の3波・5波2波と同程度の4波の調整を経過して、終点をつけると考えられます。

今のところ、2波が上値、下値を切り上げるジグザグの動きになる可能性を残しています。そのため、現時点では図の実線のような2通りの展開が考えられます。どちらになるかは、23日以降、円安の流れが継続するかではっきりします。

最も早く円安が進む展開は、今週、118円近くまで円安が進み、3波の終点をつけて、11月1日まで4波の調整を経過して、11月2日(FOMC)以降、一気に5波の円安場面を経過するというパターンです。このような動きになるなら、日経平均は、11月上旬頃までに22000円を越えていると考えられます――

続きはご購読ください<残約4,000文字(図表1とチャート4枚を含む)>

直近の詳細な相場シナリオ分析はメルマガでご覧ください

10月22日号 目次

1. NY原油期近は23日の方向で年末までの動きがわかる
2. パワー・トレンド講座、第三十六回:基本型を基準にして、その後の展開を予測する
※本記事で割愛した項目(図表とチャート付き)は有料メルマガ内で見られます

10月8日号 目次

1.日経平均株価の年末までの展開と売買戦略
2.パワー・トレンド講座、第三十五回:勢いの強い動きの終息を示すパターン


※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2017年10月22日号を一部抜粋・再構成したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。本記事で割愛した全文や、10/8に配信された「日経平均株価の年末までの展開と売買戦略」もすぐ読めます。

※過去の日経平均株価のシナリオの精度は、以下のアドレスで確認できます。
http://www.p-trend.jp/docs/Ito-NKPFM160801.pdf

【関連】ビットコイン消滅?「暗号通貨の勝利」を確信するIMFラガルドが描く未来

【関連】衰退国家の日本で最後に生き残るのは「一握りの投資家」だけと知れ=鈴木傾城

『少額投資家のための売買戦略』』(2017年10月22日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

『少額投資家のための売買戦略』

[月額1,058円(税込)/月 毎月第2・第4日曜日(年末年始を除く)]
値動きには理由があります。一般的に言われているような確率や、需給の変化を見るだけでは、先のことなどわかりません。確率論や、統計データ分析をやりつくし、挫折を味わった経験があるからこそ、理解できた値動きの本質を書いてゆきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい