fbpx

米ドルは下がり続ける運命?「怪物不動産屋」トランプ氏の本音を探る

今から2年以上前に公開された、怪物不動産屋としてのトランプ氏の「ビジネス動画」を紹介します。彼は米ドルをどのように見ているのか、それがよく理解できる映像です。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2017年3月1日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「敷金は現金ではなく地金で頼む」トランプ大統領の米ドル観とは?

1. 怪物不動産屋が選んだ担保

今から2年以上前に公開された「ドナルド・トランプ氏のビジネス動画」を紹介します。彼は米ドルをどのように見ているのか、それが理解できる映像です。

登場するビジネスマンは、米国トップの貴金属商品販売会社であるApmex社のCEOです。Apmex社は、トランプ・タワーの50階を10年契約で借りる契約をし、トランプは敷金(担保預り金)として、現金ではなく複数の32オンス小型地金(1kg)を受け取ったとの内容です。

【関連】これから起こる悲劇すべてを「トランプのせい」にして終わる世界経済

トランプは「悲しいかな、米ドルの価値が日々下がっているのは、みんな知っている話だよ。下がるのは、嬉しい話ではないけれど、正しい政策でなければ支えきれないよ。この機会に、ドルがどうなっているのかをみんなに知らせたくてね。これを防ぐために何ができるのかを教えたくて、これを見せているのだよ」とビジネス動画を撮影した動機を語っています。

後半でAmpexのCEOが「フロアのリース契約の敷金として、現金より地金が良いとトランプが言ったのだ」と語っています。

170302kanshakourei_1_1

上記画像は、映像の一部です。テーブル上には「契約書」と「敷金の金地金」が置かれています。全部で何本だったのかは不明です。

170302kanshakourei_1_2

こちらは、テナントのAmpex社の小型金地金の各種です。

Next: 2. 世界経済の先行きの動向を知るための良い指標

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー