fbpx

大家も入居者も安心!「高齢者見守りサービス」が孤独死時代の日本を救う=姫野秀喜

不動産会社による「見守りサービス」

このサービスは電話による健康確認に加え、従来の家賃保証に孤独死が発生した際の原状回復や訴訟などもカバーされるという手厚い内容です。

これはとても良いことだと思います。これからますます高齢者向けの賃貸は増えていくことが予想されるわけですが、こういった予防策なしに大家がすべてのリスクを背負うのは負担が大きすぎるからです。

もしこういったサービスがなければ、条件の良い家は高齢者に貸し出されることはなく、条件の悪い家だけが高齢者向けに提供されることになります。

このサービスが普及すれば大家は安心して高齢者に貸し出せるようになりますし、高齢者にとっても賃貸物件の選択の幅が広がると思います。

こういった取り組みは始まったばかりで、まだ普及には時間がかかるでしょうが、できるだけ早くこのようなサービスが業界標準となるのを望みます。

【関連】「こんなアパート誰も住まないよ」最近ゾッとした事故物件の投資話=姫野秀喜

ちなみに自主管理であれば、スマホを活用し、入居者に見守りアプリを入れてもらうという方法もあります。

入居者がスマホを使っているという前提が必要になるので、現時点ではハードルやや高めという感じですが、5年後や10年後には、高齢者にももっとスマホが普及し、使えるようになることを期待しています。

【関連】日本発地獄行き。「念願のマイホームを買う」という幸せゲームの末路=鈴木傾城

【関連】日本のサラリーマンが知るべき「持ち家貧乏」と不動産投資の甘い罠=俣野成敏

【関連】悪徳業者にご用心!「無許可民泊」の大規模摘発はもう始まっている=姫野秀喜

1 2

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』(2017年12月19日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ

[無料 ほぼ 平日刊]
会社員の姫ちゃんが1億円の大家さんになれた!あなたも数年で1億円の大家さんになれる!何から始めたら良いかわからない人に読んでもらいたい。基礎を守って、リスクは小さく、リターンは中くらい初歩からコツコツと誰でもできるシンプルな不動産ノウハウをあなたに~♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー