脱税で刑務所送りに? 仮想通貨「億り人」が注意すべき3つの納税ミス=持田太市

税金は自己破産しても帳消しにできない…

無申告で追徴課税がされてしまえば、延滞税もかかってきますので、さらに重たい納税負担になり、さらに悪質な場合は捕まる可能性だってあるわけです。

「億り人」が牢屋に「送り人」になる可能性だって否定できません。

そして極めつけは、納税義務は(免責はないので)消えることがありません
ゆえに、自己破産とは無関係になります。高利貸しから借りたお金は自己破産で無かったことにできますが、税金はできません。

まるで小説のような話ですが、ICO投資で成功し、豪遊して、マーケットが暴落したことも含めて納税できず、それで一生困る、なんてことも現実的に起こり得る話になりました。

【関連】ビットコイン元信者が嵌まる「次の罠」なぜ彼らは現実から目を背けるのか?=鈴木傾城

【関連】ビットコイン「ガチホ時代の終焉」と計画的急落。株式市場の連鎖崩壊は起こるか?

【関連】中国はなぜビットコインを潰しにかかったのか? 不都合な規制の裏側(前編)=高島康司

1 2 3 4

週刊「年金ウォッチ」-自分年金作りのためのメルマガ』(2018年2月20日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

週刊「年金ウォッチ」-自分年金作りのためのメルマガ

[無料 ほぼ 週刊]
これまで年金は国や企業が用意してくれました。しかし昨今の日本経済は、それが困難になっているのも事実です。だとしたら、自分で作っていくしかありません。しかし、自分で作りなさいと言われても、どうしていいかわからないし、むずしいことや面倒なことは、したくありません。それが人として、普通です。このメルマガを読めば、自分の年金作りに対する考え方やアクションが理解でき、新たな一歩が踏み出せる。さらに、他の情報源はいいから、このメルマガだけ読んでいれば年金作りはOK、と言っていただけるようにするつもりです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい