fbpx

ヤフーの「第三の矢」Fintech事業に大きな伸び代、先行く楽天を追撃できるか=シバタナオキ

ECビジネスの成長率

180306yahoo_4

ECビジネスを手がける「ショッピング事業」を見てみると、四半期での取扱高が前年同期で+28%の1,804億円にまで増えてきています。

180306yahoo_5

ショッピングの取扱高に連動する形でショッピング広告の四半期での売上高が前年同期比+32%の77億円まで成長しました。

ショッピング広告のテイクレートを計算すると4%に満たない数字になりますので、今後はこの数字を楽天並み(9%台)に高めていくことになるのではないでしょうか。

Fintechビジネスの成長率

180306yahoo_6

Fintechの中でも成長率が一番高いのはクレジットカード事業で、クレジットカードの有効会員数は前年同期比+30%の442万人と大きく成長しています。

180306yahoo_7

クレジットカードの取扱高は前年同期比+50%で2,618億円まで増えました。

このようにFintech事業の中でもクレジットカードビジネスは高い成長率を誇っているわけですが、楽天カードの会員数は既に1,500万人を突破しており、それと比べるとまだ1/3以下の規模に過ぎません。

ヤフーの既存の会員基盤の大きさを考えるとEコマースだけではなく、このFintech部分も非常に大きな伸び代があると考えるのが自然です。

Next: すでに大きな会員基盤を持つヤフー。今後の成長戦略は?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい