fbpx

「仕事を辞めてカンボジア移住だ!」日本人は何万円で生活できる?格差で選ぶ家計簿3パターン

実はコスパ最強!月2,000ドルで王様気分「リッチ派」の暮らし

「倹約派」も経験としては素敵ですが、やはり憧れるのは「リッチ派」の生活ですよね!その生活を例えるなら「コスパ重視のリッチ体験、ある意味日本以上の快適ライフ」といったところでしょうか。

今回も家賃から。引き続きアンコールホームさんに「ちょっとテンションの上がる物件」のご紹介をお願いしたところ、こちらをご紹介頂きました。750ドル(約9.2万円)のお部屋です。

ロシアンマーケット付近、1ベッドルーム。広さは十分で景色も良好!

ロシアンマーケット付近、1ベッドルーム。広さは十分で景色も良好!

明るくお洒落なキッチン。オーブンと洗濯機まで完備!

明るくお洒落なキッチン。オーブンと洗濯機まで完備!

共用スペースのジム設備で、プノンペンの景色を見ながらエクササイズ!

共用スペースのジム設備で、プノンペンの景色を見ながらエクササイズ!

更にプールまで。この家賃でジムと両方あるのは珍しい

更にプールまで。この家賃でジムと両方あるのは珍しい

このお家をベースに、生活費にかかるおおよその金額を2,000ドル(約25万円)で当てはめてみたのが下の家計簿です。

月2,000ドルで生活するおおよその内訳(参考)

月2,000ドルで生活するおおよその内訳(参考)

カンボジアで月にこれだけ使えれば、かなり優雅な生活をおくることができますよ!

まず家賃がこのくらいの価格帯になれば、門のところに常駐の警備員さんがおられますのでセキュリティがぐっと強化されます!安全もある程度はお金で買えますし、途上国で安心して生活するには重要なポイントです。

食費で600ドル計上していますが、平均的に毎日20ドル使うよりはたまで良いのでスペシャルなお店に行くことをおすすめします。50~100ドルくらい払えば「これ日本だったら何万円するんだろう?」と思うような豪華な食事ができるのも、カンボジアの隠れた魅力のひとつ。

もしくは600ドルもあればご飯を作ってくれる家政婦さんを雇って、ついでに部屋の掃除をしてもらってもいいですよね。

さらにその他の費用も335ドル計上していますので、これだけあれば割といろんなことができそうです。

カンボジアはマッサージも安いので、疲れが溜まればボディケアなどいかがですか?

例えば僕の好きなSAKURAなら、日本式の質の高いマッサージを1時間10ドルで受けることができます!

日本人オーナー常駐で安心。マッサージの他にヘアケアやネイルなども良心的な価格で提供

日本人オーナー常駐で安心。マッサージの他にヘアケアやネイルなども良心的な価格で提供

これなら週に1回通っても月に40ドルしかかかりませんし、安心してマッサージ三昧の生活がおくれますよね。

家にジムがあってプールもあって、家政婦さんに家事を任せつつマッサージ三昧まで楽しめる!この生活が月2,000ドルでできるなら、安いと思いませんか?

Next: ビザ更新、治療費、結婚式のご祝儀…その他の出費はどれくらい?

1 2 3 4 5 6

カンボジアのリアルタイムな情報を「ほぼ」毎日更新中!

カンボジアの生活情報!地味だけど大事なこと。

[無料 ほぼ毎日更新]
カンボジアへ行く前の必読ブログ!お金のことはもちろん、食べ物や住まい、モバイル、防犯・安全まで、生活やビジネスに必要な「地味」だけど「大事」な情報を現地からお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい