fbpx

「仕事を辞めてカンボジア移住だ!」日本人は何万円で生活できる?格差で選ぶ家計簿3パターン

ビザ更新、治療費、結婚式のご祝儀…その他の出費はどれくらい?

カンボジアで生活をしていると毎月の出費以外にもお金がかかることがあります。

例えばビジネスビザの更新は1年に1回必要です。ちなみに僕も最近更新したところですが、その時は290ドル(約3.5万円)でした。

タイなどの他国ではビザを更新するのに一度国外へ出ないといけないケースが多いですが、カンボジアは滞在したままビザの更新ができるので、無駄な費用がかからずありがたいですね。

その他、カンボジア人は結婚式にやたらたくさん人を呼ぶので、住んでいるとお声がかかることもあるでしょう。ご祝儀の相場は日本人なら20ドル~といったところで、高そうな会場を使っている場合は30ドル以上、親しい間柄なら50ドル以上渡すのが無難です。

お米の収穫が終わった1月から4月くらいが結婚式シーズン。心とお金の準備を

お米の収穫が終わった1月から4月くらいが結婚式シーズン。心とお金の準備を

結婚式以外でも日常的に交遊費が必要になることはあると思いますが、これはお付合いする層や頻度で本当に大きく変わります。自分と同じくらいの収入の方とご一緒する分には心配ありませんが、目上の方などとのお付き合いにはそれなりにお金がかかることが多いので心づもりをしておきましょう。

最後に自分ではコントロールしづらい大きな出費となり得るのが、病気やケガによる治療費です。

カンボジアには保険制度がないので、基本全額負担です。僕の友人が食中毒で入院した時にはたった2日の入院でなんと700ドル(約8.5万円)請求されていました!こうして考えてみると、日本の保険制度のありがたみがわかりますよね。

もちろんカンボジアにも民間の保険はありますが、年間数百ドルはかかるので決して安くありません。

他にもバイクや家電が壊れたり、急遽日本に帰らなくてはならない事情ができたりと、生活しているとなんだかんだとイレギュラーな出費はつきものです。

ギリギリの予算で生活するのは精神衛生上よくありませんので、こうしたイレギュラーな出費にもしっかり備えておきましょう。

Next: あなたはできる?安く生活したいなら、こんな「現地化」が必要!

1 2 3 4 5 6

カンボジアのリアルタイムな情報を「ほぼ」毎日更新中!

カンボジアの生活情報!地味だけど大事なこと。

[無料 ほぼ毎日更新]
カンボジアへ行く前の必読ブログ!お金のことはもちろん、食べ物や住まい、モバイル、防犯・安全まで、生活やビジネスに必要な「地味」だけど「大事」な情報を現地からお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい