fbpx

扱う金融機関も急増中!リバースモーゲージってどんな仕組み?

年金財政が悪化しており、年金不安が広まっています。そんな中、自宅を有効活用し、自宅に住みながらお金の工面ができるリバースモーゲージが注目されています。また、国土交通省もリバースモーゲージの普及に力を入れています。そこで、今回はリバースモーゲージについてお伝えします。(ファイナンシャルプランナー・新美昌也)

リバースモーゲージってどんなもの?

基本的なしくみ

リバースモーゲージは、不動産を担保にして、お金を借り入れて、利用者の死後担保不動産を売却して、借入金を返済するのが基本的なしくみです。

利用できるのは、おおむね60歳以上のシニア層です。

対象不動産は土地付き一戸建てですが、マンションも対象とする金融機関もあります。

利用できる地域は限られていて誰でも利用できるわけではなく、土地の評価額も5,000万円以上など高額なのが一般的です。

リバースモーゲージには公的なものもあり、低所得の高齢者を対象としたものです。社会福祉協議会が実施しています。

リバースモーゲージのメリット・リスク

メリットは、住み慣れたマイホームを離れず、現金を得られる点です。

一方、リスクとしては以下の3大リスクがあります。

1.長生きリスク
想定を超えて長生きした場合、存命中に融資枠を使い切ってしまうリスクがあります。

2.金利変動リスク
リバースモーゲージの適用金利は一般的に変動金利です。将来、金利水準が上がれば利息の負担が増えます。利息は、毎月支払うタイプや、死後に元本と合わせて一括返済するタイプがあります。後者の場合、存命中に融資枠を使い切ってしまうリスクがあります。

3.不動産評価額下落リスク
市況が悪化し、金融機関が担保不動産の評価額を引き下げると借入残高を下回る「担保割れ」になるリスクがあります。「担保割れ」になった場合、新たに融資を受けることができないほか、一般的に超過分の一括返済や追加の担保を求められます。

これらのリスクを考えると、借りすぎないことがポイントになります。

また、貯蓄額に余裕がある人が利用するしくみと言えます。余裕のない方は借りる額をかなり低く抑える必要があります。

お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク』第404号より一部抜粋
※太字はマネーボイス編集部による

無料メルマガ好評配信中

お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク

[無料 随時・月4回以上]
このメルマガでは、知っておくと得する税金の仕組みや、賢い保険・住宅ローンの選び方、年金テクニックや節税術を実務家FP(ファイナンシャル・プランナー)の新美昌也がわかりやすくお伝えします。生活にまつわるお金の問題を考えることで、あなたやご家族のライフプランを考えるきっかけになれば幸いです。最近「民間介護保険」「進学マネー講座」「中小企業の財務力強化」専用サイトも開設し、メルマガの内容のワンランクアップの情報を発信しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー