fbpx

アップルが時価総額1兆ドル超え、最大の強み「iPhone」が今後は最大のリスクに=東条雅彦

やはりハーバード大学の投資戦略は賢明である!

VR、ARの分野については、グーグルだけではなくアップル、アマゾン、フェイスブック、マイクロソフト等の米国系ハイテク企業が毎年、膨大な研究開発費を使って先行投資しています。

どの企業が「NEXTスマートフォン」の覇権を握れるかはわかりません。

ハードウェアとソフトウェアの組み合わせという視点ではアップルが有利だと思われますが、スティーブ・ジョブズがいない今、その強みを活かしきれるかどうかは不確実です。

ハーバード大学の資金を運用するハーバード・マネジメントは、アップル、マイクロソフト、グーグルの3社に集中投資しています。

<内訳>

アップル株:169万株
マイクロソフト株:185万株
アルファベット株:12万9000株

このたった3社で、同基金が保有する8億1680万ドル(約890億円)相当の上場米国株のうち約72%を占めます。

繰り返しますが、どの企業がNEXTスマートフォンを生み出せるかはわかりません。そのため、ハーバード大学の将来性のあるハイテク企業を複数、保有するという投資戦略に打って出たのでしょう。

ウォーレン・バフェットは今のところ、アップルのみに張っています。これはこれでバフェットらしい投資戦略です。バフェットはバリエーションを重視するので、アップル以外のハイテク企業は割高だとシビアに判断していると思われます。

image by:Arcady / Shutterstock.com

【関連】没落する日本経済にジム・ロジャーズが警告「被害者になる若者は世界に逃げろ」=俣野成敏

【関連】「貯金をしなさい」はもうやめよう。学校では教えてくれない子どもの金銭教育=午堂登紀雄

【関連】海外メディアが日銀を完全無視へ。詭弁が通じず、黒田日銀がついに「敗北宣言」=近藤駿介

1 2 3 4 5

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』(2018年8月8日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー