fbpx

日本が破綻する? 心配で個人向け国債を買えない人が知るべき大きなメリット=川畑明美

現在の日本の借金は1000兆円、対GDP比200%を超えています。これでは個人向け国債を保有するのを躊躇してしまうかもしれませんが、メリットもあるのです。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

国家が破綻したら国債が紙切れに?そのときは預金もパーになる…

個人向け国債のメリットは、お金をわけて保管できること

個人向け国債を活用していますか?

国債を活用することをおすすめすると、「日本が破綻しないか心配」と言われることがあります。

これ、心配するポイントがずれています。

そもそも日本が破綻したら、あなたの預金も価値が大きく下落します。

国が破綻するとハイパーインフレが起きます。

ハイパーインフレが起こって物価が上昇すると、いままで1個100円で買えたパンが1個5万円になってしまったりします。

そうなったら、預金していても国債で保有していても同じことですよね。

国債を買わずに預貯金しているのでしたら、心配しているポイントが違うということです。

国債を活用する本当の理由は、「お金をわけて保管できる」こと。

特に万が一のときのお金を国債に変えておくと安心です。

Next: 個人向け国債のメリットは他にもある

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい