fbpx

震え上がる習近平、ファーウェイ事件でわかった米国「中国つぶし」の本気度=江守哲

米国の逆鱗に触れた中国

今回の事件は、米国のハイテク企業にも大きな悪影響が出ます。当然、収益が低下し、株価にも下げ圧力が強まります。

今回、米国がファーウェイ創業者の任正非氏の娘で、後継者と目されてきた孟氏の身柄を押さえることができれば、米国は有力な「交渉カード」を手にすることになり、協議を優位に進めることができます。

しかし、中国のカナダ人の拘束は、米国を怒らせてしまいました

米国の圧力が本物であることを恐怖心を抱いたのか、中国は習近平国家主席肝煎りの産業政策である「中国製造2025」戦略推進の手綱を緩めつつあるようです。

15年に発表された中国製造2025戦略は、ロボット工学、航空宇宙、新エネルギー車などの重点分野の競争力を引き上げ、50年までに世界的なスーパーパワーになる目標達成に向けた中核的な戦略です。

この戦略に基づき、中国政府は技術獲得を目的にあからさまな助成を行ってきました。これに対して、欧米は警戒感を抱いてきたわけです。

これまで中国国務院は16年の地方政府に対するガイダンスで、中国製造2025戦略を推進した地方政府を優先的に支援すると明記していまし。しかし今回、新たなガイダンスからは、この戦略に関する文言が削除されたということです。

これ以上、積極的にこの戦略を推し進めると、米国にさらに圧力をかけられ、中国の中核企業が疲弊して、国力が損なわれると考えたのでしょう。

いずれにしても、今回の孟氏逮捕をきっかけに、「米中ハイテク戦争」はさらに厳しいものになっていきます。そして、中国は極端に疲弊していくでしょう。これまで米国ににらまれた国の経済はすべて疲弊させられています。

これを最も懸念しているのは、ほかでもない同盟国の日本です。

続きはご購読ください。初月無料です<残約4,000文字>

ファーウェイ事件が日本に与える影響~ソフトバンク周辺が騒がしくなってきた

日本にあふれる理不尽なこと

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 12月配信済みバックナンバー>

※2018年12月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2018年12月配信分
  • 「ファーウェイ事件」で米国の本気度を理解する(12/14)

いますぐ初月無料購読!

image by:photocosmos1 / Shutterstock.com

本記事は『江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』2018年12月14日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

2018年11月配信分
  • 「原油安は米国によるサウジへの制裁」(11/23)
  • 「米中間選挙の結果と今後の展望」(11/9)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分
  • 「米中間選挙を前に国際情勢は混乱」(10/26)
  • 「トランプ政権の先鋭化と中国の動き」(10/12)

2018年10月のバックナンバーを購入する

【関連】日本の地価崩壊はもう始まっている。東京五輪が「経済災害」になる日

【関連】知財を盗んで肥大化する中国は「20年後は世界で最も貧しい国になる」のか?=鈴木傾城

【関連】まだ投資の勉強をしているのか? 個人投資家がプロから大金を奪う方法は1つしかない=鈴木傾城

1 2 3 4 5

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

[月額864(税込) 毎月 第2金曜日・第4金曜日(年末年始を除く)]
このメールマガジンでは、国際情勢や国内外の政治情勢の「真の背景」を読み解きます。経済は政治で決まり、政治は国の組織が決めます。そして、すべてのことがシナリオに基づいて動いています。しかし、その舞台裏は意外とシンブルです。それらの「真の背景」を理解すれば、すべてが面白いように見えてきます。毎月第2・第4金曜日にお届けするこのメルマガでは、これまで世界各国の人間と仕事をしてきた経験と人脈から、マスコミが報じることができない独自の見解をお届けします。ビジネスマン、投資家、学生など、様々な立場のひとにとって有益な情報となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい