fbpx

日経平均は1万8,000円が妥当。なぜ多くの投資家は割安感のなさに気が付かないのか=江守哲

3月末時点で2万1,800円を超えているのか、下まわっているのか

さて、このように考えると、長期的には日経平均は1万8,000円を基準に見ていけばよいでしょう。

あとは、短期的な動きを見ていくだけです。いまは先物主導の買い戻しで上げているだけですので、逆の動きになれば下げ足も速いでしょう。引き続き下落リスクを念頭に見ていきたいと考えています。

四半期ベースでは2万1,800円を割り込んでいれば、長期トレンドが下向きとの判断は変わりません。つまり、今月末時点で2万1,800円を超えているのか、下まわっているのかがきわめて重要ということです。

一方で、1万9,200円を割り込むようだと、下げ基調が鮮明になり、かなり厳しい下げになるでしょう。

続きはご購読ください。初月無料です<残約18,000文字>

株式市場:米国株は過去最高値が視野に、日本株も堅調

為替市場:ドル円は急伸

コモディティ市場:金・原油ともに反落

今週の「ポジショントーク」~市場動向を興味深く見守る

今ヘッジファンド投資戦略~「レイ・ダリオ氏の変心?」投資戦略構築のポイント

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2019年3月4日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方は、バックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した米国市場金、原油各市場の詳細な分析もすぐ読めます。

【関連】もう東京五輪に間に合わない。大手メディアが報じないサブトラック建設未着工と利権の闇=山岡俊介

【関連】知らないと大損!会社員でも「確定申告で税金が戻る」5つのケースと注意点【2019年版】=川畑明美

【関連】借金まみれの米国人が急増中。ついにリーマン危機当時の借金総額を超え、経済破綻は目前か

1 2 3 4

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

[月額880(税込) 毎月 第2金曜日・第4金曜日(年末年始を除く)]
このメールマガジンでは、国際情勢や国内外の政治情勢の「真の背景」を読み解きます。経済は政治で決まり、政治は国の組織が決めます。そして、すべてのことがシナリオに基づいて動いています。しかし、その舞台裏は意外とシンブルです。それらの「真の背景」を理解すれば、すべてが面白いように見えてきます。毎月第2・第4金曜日にお届けするこのメルマガでは、これまで世界各国の人間と仕事をしてきた経験と人脈から、マスコミが報じることができない独自の見解をお届けします。ビジネスマン、投資家、学生など、様々な立場のひとにとって有益な情報となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー