fbpx

今すぐ動けば25年で億り人に。株で資産を増やす公式と論理的アプローチ=栫井駿介

株式投資にどんなイメージを持っていますか?漠然と良さげな株を買って一喜一憂しているうちは、億り人への道のりは遠いでしょう。今回は資産を増やすための論理的アプローチを解説します。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

あのバフェットも始めは節約から。5つのステップで資産は増える

あなたの将来資産がわかる公式

読者の方々は、株式投資にどのようなイメージを抱いているでしょうか。漠然と良さそうな株を買って、儲かった・損したと一喜一憂している人がほとんどではないでしょうか。

はっきり言ってしまえば、その程度の認識の人が株式でまとまった資産を形成するのは難しいでしょう。

博打的な投資手法を除けば、株式投資は資産を積み上げていくものです。元手を準備して価値を生む資産を買い、配当や企業価値の増加を通じて資産そのものが膨れ上がっていくことを目的とします。

積み上げ型の投資法では、将来の資産を計算する明確な公式が存在します。

将来資産={現有資産+(収入−支出)}×リターン×時間

この公式のそれぞれの要素を分解すれば、あなたがこれからどうやって資産を増やしていけるかイメージできるはずです。

(1)現有資産:今、いくら持っていますか?

まず、あなたが今いくら持っているかを知る必要があります。知らないことには、資産形成は始まりません。

銀行口座はバラバラになっていないでしょうか。口座が分散すればするほど、資産の把握は難しくなります。忘れて放置されている口座があれば、資産運用においては完全なる機会損失です。定期預金や貯蓄型の保険も確認してみると良いでしょう。

結婚している人なら、夫婦で財布が別になってはいないでしょうか。夫婦別の財布では、それぞれが好きにお金を使ってしまうので、なかなか貯まりません。相手が持っているつもりでいたら、実はそんなになかったという事態は何としても避けなければならないのです。

金融資産だけではありません。自動車やデジタル機器が現金に変わることもあります。使わないものは現金化することを考えましょう。相続を受けた場合などは特に注意して見る必要があります。

(2)収入:満足できる仕事で長く収入を得る

あなたがサラリーマンなら、収入を思うように動かすことは難しいでしょう。収入を大きく増やす手段としては、転職があります

今の仕事に違和感があり、収入にも満足していないのなら転職を検討すべきかもしれません。スキルがあるなら、より高い収入が見込める仕事に就くことも考えて行動すべきです。

しかし、今の仕事に満足しているのなら、多少収入に不満があっても無理に転職する必要はないと思います。仮に一時的に高い収入が得られる仕事に就いたとしても、性に合わずに長続きしなければ、トータルでは減収になってしまう可能性もあるからです。

また、一時的に収入が増えても、累進課税制度の中では税金が多く取られ、思ったほど手取りが増えていないものです。それなら、多少年収が低くても長く続けられる仕事を選ぶべきです。

190228_kakoi_1_1

明治〜昭和を生きた著名な投資家・本多静六は「職業道楽論」を唱え、一介の雇われ大学教授でありながら投資で莫大な資産を築き、一方では日比谷公園の設計など後世に残る仕事を手がけました。道楽にできるくらいの仕事が、人生を考えると最も望ましいということでしょう。
※参考:本多静六に学ぶ、普通の人が人生を豊かにする投資法

もしあなたが仕事にも収入にも満足しているのなら、億万長者になる素地は整っていると言えます。努力してそれだけの収入を得たのでしょうから、それを人生において最大限活かすためにも株式投資は役立ちます。

Next: あのバフェットだって倹約家。コツコツ貯めて増やす方法とは

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい