fbpx

一時1万9500円割れも材料株は売買活発~「NYダウ離れ」に期待の日経=犬丸正寛

先週末に一時、3週ぶりの19500円割れとなった東京株式市場のポイントと、日経平均株価の「NYダウ離れ」に着目する株式評論家・犬丸正寛氏の相場展望をお届け。また、相場操縦疑惑が指摘される村上世彰氏が自身のサイトで公表した見解の注目点をご紹介します。(『日刊株式投資情報新聞』)

材料株、IPOは活況/日経のダウ離れ/村上世彰氏が見解

日経平均は一時3週ぶりの19500円割れ、日本郵政が高い

11月4日(金)の日経平均の終値は1万9504円48銭(435円42銭安)、TOPIXは1574.02ポイント(28.92ポイント安)、出来高概算(東証1部)は20億4719万株。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

TOPIX 日足(SBI証券提供)

TOPIX 日足(SBI証券提供)

4日後場の東京株式市場は、昨日の欧米株式がECB(欧州中央銀行)の追加金融緩和を不十分と見てほぼ全面安となった影響が大引けまで続き、日経平均は13時頃に11月16日以来の1万9500円を割り込んだ後もジリ安基調のまま、大引け間際に495円36銭安(1万9444円54銭)まで下押す場面があった。主な株価指数はすべて安い。

中で、日本郵政<6178>(東1)が自社株買いによる需給好転などが言われて朝方に上場来の高値を更新したまま後場も高く、富士通<6702>(東1)は東芝<6502>(東1)やソニー<6758>(東1)から分社化したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)などとのパソコン事業統合観測などを好感して高い。

日本郵政<6178> 日足(SBI証券提供)

日本郵政<6178> 日足(SBI証券提供)

アプリックスIPホールディングス<3727>(東1)は世界初開発という重力式浄水器向け非接触型水量センサーが材料視されて活況高。リーバイ・ストラウスジャパン<9836>(JQS)は明確な買い材料がつかめないがジーンズを着用型の携帯端末化する研究などが言われて2日連続ストップ高。

この日に新規上場の鎌倉新書<6184>(東マ・売買単位100株)は「いい葬儀」「いい仏壇」「いいお墓」などのサイトを運営し、前後場とも買い気配をセリ上げて14時40分を過ぎては公開価格1000円の2.3倍の2300円の買い気配。NYダウ252ドル安、日経平均435円安の日に印象的な上場となった。

東証1部の出来高概算は20億4719万株(前引けは9億9820万株)、売買代金は2兆4314億円(同1兆104億円)。1部上場1921柄のうち、値上がり銘柄数は160銘柄、値下がり銘柄数は1696銘柄。

また、東証33業種別指数は全業種が値下がりし、値下がり率の小さい業種は、水産・農林、石油・石炭、鉱業、電力・ガス、銀行、繊維製品、などとなった。

Next: 日米の景気政策に180度の違い。日経平均の「NYダウ離れ」に期待

1 2 3

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー