fbpx

一時1万9500円割れも材料株は売買活発~「NYダウ離れ」に期待の日経=犬丸正寛

相場操縦疑惑が指摘される村上世彰氏、自身のブロクで見解

今後、日本版SECが立件できるかに注目

相場操縦の疑いがかけられているファンド運営(関係会社)の村上世彰氏は、4日、自身のサイトで、「相場操縦に関する報道の件について」と題して自身の見解を明らかにしている。

それによると、主な内容としては

・私の関係会社が、TSIホールディングの株式取引において、相場操縦を行い不当な利益を得たという報道がなされていますが、私は、長年関わってきた株式市場を裏切るような相場操縦をする意図も理由もなく、また、市場を混乱させたようなこともありません。

・とくに、私にとってTSIホールディングスはその前身である東京スタイル時代も含めると15年以上も株主として資本効率の改善、株主価値の向上を提案し続けてきた会社です。

・TSIの株価が下がることは、関係会社でTSI株を多数保有している私にとっては、自分の保有資産の減少を意味するのでマイナスであることは明らかです。

・最終的にTSI株を全株売却したのは2015年1月頃です。わたしは、当時、主力投資銘柄であったアコーディア株式の投資資金を確保するためTSI株をできるだけ高く売ることを考えていました。
出典:2015年12月4日「相場操縦に関する報道の件について」 – Yoshiaki Murakami Official Site

新聞、テレビ等の報道によると、「空売り」で大量の売買を行いながら、株価を不正に下げ、利益を上げたとされる。今後は、日本版SECの証券取引等監視委員会が、空売り等をめぐって相場操縦を立件できるかどうかが注目といえる。

【関連】村上世彰“父娘”強制調査は国策なのか?「東芝はどうなんだ」疑念も

【関連】問題は「村上」ではない。中小型銘柄を売り崩す海外ファンド勢の手口

1 2 3

日刊株式投資情報新聞』2015年12月4日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー