fbpx

マック赤坂氏の当選は政局不安定の象徴、海外投資家も日本株を敬遠か=高梨彰

統一地方選の投票率は各地で過去最低が相次ぎました。最もニュース性を感じたのは、マック赤坂さんの当選でしょうか。市場にどんな影響が出るのかを考えます。(『高梨彰『しん・古今東西』高梨彰)

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2019年4月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

与党も野党も信用できない?戻り始めた海外資金も離れていきそう

投票率、過去最低が続出

古今東西、選挙は人々の関心を呼ぶ、はず。しかし、統一地方選の投票率は史上最低の水準だったとか。

かく言う私も、積極的に票を投じる候補者もなく、投票所まで決めかねていました。結局、事前に選挙公報をみて、地道そうな人に一票を入れた次第です。本当に地道なのかは分かりません。

マック赤坂さん当選は消去法?

最もニュース性を感じたのは、マック赤坂さんの当選でしょうか。東京の港区議会議員選挙です。「マック赤坂」といえば、典型的な「選挙おじさん」として知られています。名前だけは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そんなマック赤坂さんが当選。ご本人には失礼ながら、国政での与党・野党双方に共感を得ない有権者が、消去法的に「選挙おじさん」を選んだのではないかと。

野党の不人気は今に始まった話ではありません。しかし同時に与党の不人気も着実に増えてきた結果が港区議会選に出た感じがします。

【関連】私マック赤坂が百条委員会で「君たちはサーバントだ!」と叫んだ真の理由

【関連】私マック赤坂が都議会に乱入した理由、拘束されて考えた「舛添後」の政治

海外投資家がさらに離れる?

とかく相場は政治の安定を好みます。独裁色が強くても、経済政策に道筋があれば市場は好感します。

その点、今回の選挙結果はちょっと不安です。せっかく戻り始めた海外資金の動きも、買い戻し程度で終わってしまうのではないかと。積極的な投資を誘う政策が無いのです。

てことで、海外市場の動きに仕方なく日本市場も付いて行く、そんな展開が見込まれます。まやかしっぽい中国市場の動きも、止まるまでは相場の下支え要因です。

10連休を前にしたポジション整理も早めに出ているようです。総じて色の無い相場。日本国内のファンダメンタルズが何かと弱いだけに、先走って売って後に踏み上げられないように気を付けたいところです。

<今回のまとめ>

・統一地方選、国政野党はともかく、与党にも積極的な支持に欠けている印象
・政治安定を期待する相場には不安です
・海外市場の強さが下支えではありますが…

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2019年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年4月配信分
  • 外国勢は買いを入れるも(4/12)
  • 市場はFedの利下げを期待し過ぎかも(4/11)
  • 正しい感覚、「は?」(4/10)
  • 渋沢栄一、円高のシンボル(4/9)
  • 直近の出来事は日本にも株高を促す(4/8)
  • 「うるわしき相場」は「令和」になってから(4/5)
  • 『翔んで埼玉』の通行手形と危機回避ポジション(4/4)
  • EU離脱に備えようと、金融市場は単なる写し絵(4/3)
  • ドル高を助長させるFedのハト派化(4/2)
  • 年度の計は4月1日にあり(4/1)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2019年4月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

2019年3月配信分
  • 煽り役としての新元号(3/29)
  • 今度は金利「低下」を嫌気だそう(3/28)
  • 外野は「言い切り」、当事者は「妥協」(3/27)
  • 金融市場に柏原芳恵降臨(3/26)
  • 「ビハインド・ザ・カーブ」が囁かれる段階(3/25)
  • Fedがハト派でも、そんなにドル安には(3/22)
  • トランプのCNN称賛、減速へのアネクドータル(3/20)
  • ビルド・ボール減って、ビットコイン先物消える(3/19)
  • 不安と期待、保護主義化か否か(3/18)
  • 「待つしかない」未来予想図(3/15)
  • 逆イールドと現代金融理論(3/14)
  • ドナウ川の欧州、エヴァは困る737MAX(3/13)
  • 経済指標がドル高と囁きます(3/12)
  • 「周りの人々」の支援、高値掴みでは…(3/11)
  • 借金のシワ寄せ(3/8)
  • メガバンクの損失計上と運用部門に不可欠な能力(3/7)
  • ドル高反転を先走っても(3/6)
  • 「素みそ汁」と「有り難う(ペコリ)」(3/5)
  • ”It is true, but…”な世界(3/4)
  • 3月、相場のゴールは見通せず(3/1)

2019年3月のバックナンバーを購入する

2019年2月配信分
  • 日本のメディア、大丈夫ですか(2/28)
  • 曖昧なパウエル議長、曖昧で済む世の中(2/27)
  • トランプツイートが示す買い一巡感(2/26)
  • 「フェイクニュース」で売っても(2/25)
  • 21世紀の”21 demands”(2/22)
  • Fed、依然として「利上げどうしよう」(2/21)
  • 悪気のないフェイク(2/20)
  • 注文履歴で実感、デフレバイアス(2/19)
  • AIの進歩、格差拡大と相場(2/18)
  • クリスマス商戦、米ネット販売は苦戦(2/15)
  • GDPデフレーターが語る日本経済(2/14)
  • 景気回復「実感していない」、50%未満ならバブル(2/13)
  • 銀行、サイモンとガーファンクルにはなれない(2/12)
  • 現場の話が出ないと材料視もされず(2/8)
  • なじみが薄い「実質賃金」、政権安定の一助(2/7)
  • トランプ演説、今回は大人しく(2/6)
  • 「上げ続け」の「強め」(2/5)
  • 1月は良かった米経済(2/4)
  • 少子高齢化の写し絵、大手金融決算(2/1)

2019年2月のバックナンバーを購入する

2019年1月配信分
  • 「おしん」と化したパウエル議長(1/31)
  • データを信じるからこそ(1/30)
  • 語学学習の価値、企業価値にも(1/29)
  • 平和なニュースの中に(1/28)
  • 爆風スランプは知っていた、統計への接し方(1/25)
  • 中国がくしゃみをすると(1/24)
  • 緩和は続くよダラダラと(1/23)
  • IMF予測が日本の社長さん達を擁護(1/22)
  • ブラックボックスへの気後れ、相場上昇の源(1/21)
  • 毎月勤労統計がウソだったとしても(1/18)
  • 原油価格下落への満足感が続く限り(1/17)
  • 政治の膠着、焦れた買戻しを呼ぶ(1/16)
  • 今年、国債暴「騰」が気になります(1/15)
  • 海鮮丼にはなれない日本株(1/11)
  • トランプの「お行儀」とFedの利上げ路線(1/10)
  • 米中楽観・景気慎重、昨年とは逆の心理(1/9)
  • ビットコインとエスペラント語(1/8)
  • 柔軟という名の行き当たりばったり(1/7)
  • 原油安、喜ぶトランプ、下げる株価(1/4)

2019年1月のバックナンバーを購入する

【関連】新紙幣を喜んでる場合か? 戦後の預金封鎖の暗い過去が蘇る新円発行=今市太郎

【関連】南鳥島に眠る大量のレアアースで日本は勝てるか?世界生産量8割を占める中国の焦り

高梨彰『しん・古今東西』』(2019年4月22日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい