fbpx

【18%下落の法則】日経平均反発は18,000円、ドル円は119.50円が限界か=長谷川雅一

今年は、今後も弱い相場が続きそうです。ただ、政府が介入しようにも、もう「資金がない」ため介入できなくなってきており、その分、値動きが自然になっている印象です。政府の介入の影響が薄れる中、個人的には、「去年までより値動きが読みやすいのではないか」と感じています。(『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』)

プロフィール:長谷川雅一(はせがわまさかず)
1959年、岐阜県生まれ。株式会社プレコオンライン(金融商品取引業)代表取締役社長。2000年より株式投資の研究を始め、日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った著書を出版。株式投資の世界では、「株の自動売買」ブームの火付け役として知られている。現在は、自動売買ソフトの開発、投資教室、メルマガの執筆など、多忙な日々を送っている。

ようやく反発も、まだ16,500円に向かう下落の途中かもしれない

為替(米ドル/円)は119.50円が限界

年初から下げ続けている日経平均ですが、19日(火)は92円の小幅上昇となりました。株も為替も、さすがに下げすぎており、このあといったん反発する可能性が高くなっています。ただし、その反発は「小さく短い」ものになりやすいので、注意が必要であると考えています。

まず、為替ですが、このあとの反発で見込めるのは、「最大でも119.50円付近までの上昇」だろう、と予想しています。

テクニカル的にとても弱くなっており、上値が重くなりがちだからです。

反発を開始しても、まず118.50円付近に強めのレジスタンスがあります。おそらく118.50円に接近すれば、そこで上昇が止まり「もみあう」動きになる可能性が高いでしょう。

米ドル/円 15分足 1/20 19時時点(SBI証券提供)

米ドル/円 15分足 1/20 19時時点(SBI証券提供)

米ドル/円 日足 1/20 19時時点(SBI証券提供)

米ドル/円 日足 1/20 19時時点(SBI証券提供)

米ドル/円 週足 1/20 19時時点(SBI証券提供)

米ドル/円 週足 1/20 19時時点(SBI証券提供)

118.50円付近でもみあったあと、さらに上昇する可能性もありますが、119.00円付近にも強いレジスタンスがありますし、119.50円付近のレジスタンスはとても強く、これを抜くのはかなり難しいと思われます。

もしも、すでに買っておられる場合、118.50円を超えてきたら手じまいを考えるべきでしょう。

Next: 株は18,000円が限界~18%下落の法則から再度16,500を目指す可能性も

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー