fbpx

【18%下落の法則】日経平均反発は18,000円、ドル円は119.50円が限界か=長谷川雅一

株は18,000円が限界

次に株ですが、現在のところ、「まだ16,500円に向かう下落の途中かもしれない」という意識が必要だと思います。

日経平均が大きく下げるときは、よく「18%の下落」を演じます。昨年8月の下落の際も、8月11日の高値20,946円から9月29日の安値16,901円までの落差が、ほぼ18%です。

今回は、2015年12月1日の高値20,012円からの下落開始で、「18%下落ライン」は16,500円付近です。ここまで下げる可能性がある、と見ておくべきでしょう。

日経平均株価 15分足 1/20 大引け時点(SBI証券提供)

日経平均株価 15分足 1/20 大引け時点(SBI証券提供)

日経平均株価 日足 1/20 大引け時点(SBI証券提供)

日経平均株価 日足 1/20 大引け時点(SBI証券提供)

日経平均株価 週足 1/20 大引け時点(SBI証券提供)

日経平均株価 週足 1/20 大引け時点(SBI証券提供)

20日以降、少し反発する可能性はあるものの、17,700円付近に強いレジスタンスがあり、18,000円付近にもさらに強いレジスタンスがあり、ここがほぼ「限界」でしょう。

現実的には、おそらく17,500円付近までの戻りがせいいっぱいで、その後は、もみあいから再度下落に転じる恐れがあるのでは、と見ています。

今後も大変そう

今年は、今後も弱い相場が続きそうです。

ただ、政府が介入しようにも、もう「資金がない」ため介入できなくなってきており、その分、値動きが自然になっている印象です。

株も為替も「上がらなければ儲からない」わけではなく、下がるとわかっていればカラ売りするか、ベア型(またはインバース型)のETFを買うなどして利益を上げることができます。

政府の介入の影響が薄れる中、個人的には、「去年までより値動きが読みやすいのではないか」と感じています。

【関連】こんなのスター・ウォーズじゃない!「エピソード7」8つのがっかり=長谷川雅一

1 2

長谷川雅一のハッピーライフマガジン』2016/1/19号より
※記事タイトル・太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

長谷川雅一のハッピーライフマガジン

[無料 ほぼ平日刊]
リアルタイム投資情報サービス「LiveSignal24(ライブシグナルにじゅうよん)」の発行者、長谷川雅一がお届けするメルマガです。投資(株/FX)、マネー、政治、経済、趣味、衣、食、住、遊、ライフスタイルなど、あなたがハッピーライフを築くヒントをお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー